看護師時代の私、お帰りなさい

看護師時代の私、お帰りなさい

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

今日は、30代、元看護師さんの

単発90分コースのご感想を

ご紹介しますね(^-^)

 

-----

 

先日、看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口さんのセッションを

受けました。

 

私にとって看護師をしていた頃の自分は

苦しい過去。ふと思い出して、向き合おうと

思っては苦しくなり、今じゃないな、とその

気持ちをそっと置いておく、ということを

していました。

 

そんな中、いくつかのキーワードで

たまたま見つけた坂口さんのブログ。

 

看護師をしていた頃の自分を

肯定 したい!という気持ちが

湧いてきて、セッションを受ける

ことにしました。

 

初めは看護の話ではなく、私が自分の

思い込みやべきねばを、どんな風に

手放していったか、ということを具体的に

話していきました。

 

例えば 病気になって、人に迷惑かけてもいい、

人を頼ってもいい、を実践したこと。

 

私が、忘れっぽかったり、うっかりしても、

結果オーライなら自分を責めなくてもいい、

って思えるようになったということ。

 

自分の中でモヤモヤする、

すぐに答えの出ないことは急いで

解決しようとしないで、そっと置いておく

ことができるようになったということなど。

 

そして、本題である、看護師だった頃の

忘れられない、苦しかった経験を話す前に、

坂口さんから提案がありました。

 

話を聞く中で、私には自分で折り合いを

つける力がすでに備わっているから、

今すぐ無理にこの記憶を引っ張り出して

明らかに しなくてもいいかもしれない、

という提案。

 

もう1つは、自分のしてしまったことを

誰にも言えず苦しいなら、ここで出して

みても良いかもしれない、という提案。

 

私は少し迷いましたが、今まで誰にも

言えなくて、罪悪感にとらわれて苦しく

なってしまう話をやっぱり坂口さんに

聞いてほしい!と思い、2つ目の提案を

選びました。

 

話していく中で、分かったのは、私はミス

をしてしまった自分を許したいと思っていた

けれど、実は、ミスを許せなかった自分を

許したいのだということ、その言葉が自然と

出てきて、私はハッとなりました。

 

(自分を許すことが)できない理由は

何ですか?と聞かれて、

 

・・・・ないです、と私。

 

ミスしてしまうことが怖くて、

毎日緊張しながら

必死で頑張ってきた自分に

思いを馳せました。

 

すると、弱い自分も愛おしいですね、と

涙ながらに話す私がいました。

 

坂口さんは、そうですよね~、

愛しいですよね~、って

返してくれました。

 

そして、坂口さんはセッションの

終わり頃こんな風に言っていました。

 

自分を全部受け入れられなくても

いいんですよ。

完璧を求めると、欠けているところに

目が向きます、と。

 

そこで、私は、看護師時代の自分を

否定している私を何とか肯定しなくちゃ!

って意気込んでいたことに気づき、

初めはよく分かっていなかった坂口さんの

1つ目の提案の意味が理解できました。

 

終わってみると、私が今までの

セッションで学んだこと、気づいたことは、

全てとは言えないけれど、看護の世界にも

あてはめて考えて良いんだって思えるよう

になり、とても穏やかな気持ちでセッション

を終えました。

 

私は看護師をやめて10年近く経っていて、

復帰の予定もないけれど、いつか働くことに

なっても坂口さんがいるからきっと大丈夫そう、

って思えて、それが嬉しかった。

 

-----

 

改めましてありがとうございます!

 

たとえば、こんなことわざがあります。

 

「壊れてないものは、直すな」。

 

クライアントさまのお話を

ずっとお聴きしていると、

このことわざが浮かびました。

 

過去に、誰にも言えないような

つらい過去があったとしても。

 

それが日常生活に支障が出る

ほどの影響が出ていないので

あれば。

 

過去の記憶を無理に引っ張り出して

光を当てる必要は必ずしもなくて。

 

そして、このクライアントさんは、

すでに「自分を幸せにする物事の

考え方」が身についていると

確信したので、それで、提案を

させていただいたのです(^-^)

 

でも、クライアントさんが、過去に

ついてお話をしたいのであれば、

それは、喜んでお聴きする。

 

私は、そういうスタンスを崩さない

ようにしています。

 

「セッションは、たとえ、どういう

結末にたどり着いても、

それがベストな結果である」

 

と信じているからです。

 

クライアントさんのブログには、

私のブログで1番心に響いた

記事を載せてくれています(^-^)

 

それは何の記事か。 あなたも、

ぜひ、こちら から ごらんくださいね^^

(クライアントさまのブログに とびます)

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ


あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』