毎日がつらくて、何がつらいのかもわからないです。

毎日がつらくて、何がつらいのかもわからないです。

こんばんは。

 

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

以前、とある企画から、

以下のメッセージを いただきました。

 

※無料相談ではありませんので

ご了承願います。

 

ご紹介しますね。

 

-----

はじめまして。○○と申します。

毎日毎日がつらいです。

もう何がつらいのかも

わからないです。

 

とにかく毎日走りつづけて、

力が残っていません。

 

けれど、足りないこと ばかりで、

勉強も不足 しています。

 

努力が足りないと

自覚していますが、

体力も気力もついていきません。

 

夜勤に入るたびにインシデント レポート

を書いているような気がします。

 

先日も、もしかしたら患者さんに

とって侵襲の大きなことに

つながったかもしれないことを

起こしてしまい、自分が罪人に

なったような、大げさかもしれない

ですが人を殺してしまったような

恐怖を感じました。

 

怖くて震えます。

 

それに加えて、周りの人が

みんな軽蔑しているんじゃないかと

思うと消えてしまいたい気持ちに

なります。

 

私のことで先輩が話し合っているのを

見ると、いたたまれない気持ちに

なります。

 

辞める勇気も、続ける覚悟もないし、

職場に私は今本当に存在している

のかも疑問です。

 

ずっと孤独感があります。

 

自分の感情が暗すぎて、

友人にも笑い話のように話すだけで、

本当の孤独感は話せていません。

 

抜け出したいです。

日々平和に過ごしたいです。

 

-----

 

メッセージをありがとうございます!

 

さて。結論から言いますね。

 

「頼むから、これ以上、

頑張らないでくれ(涙)。 話はそれからだ」

 

です。

 

このような状況ですと、

頑張らないでいることを選択しない限り、

何をやっても空回りします。

 

完全に「ネガティブ・スパイラル」の

状態です・・・。

 

ネガティブかネガティブを生むという

やつです。

 

なので、つらさがつらさを生んで、

つらさしかないという状態に陥っています。

 

そのときに、自分を無理に奮い

立たせるとか。 もっと頑張る。とか。

それやると、潰れますよ。 確実に。

(ちょっと、あえて脅しています・・・)

 

毎日毎日つらいのは、日々の業務の

忙しさがあるのはもちろんのこと

でしょう。

 

たとえ、精神が健康な状態だって、

看護師という仕事は「激務」に位置

することが多い。と思っています。

(全部じゃないですけど)

 

そんな環境に対し、ご自身で自分を

追いつめることは、逆効果です。

 

こういう悩みを抱えている人は、

私が「頑張らないでください」と

いっても、納得してくれません。

 

「頑張らないなんてできない」

「頑張らないでいることが怖い」

「だって、頑張らないとできるように

ならない」 というように。

 

だけどね。

 

そう思って、何年、苦しい思いを

してきたんですか?っていうこと。

 

頑張ることは、悪いことじゃない。

 

人生では、頑張らないといけない

ときもあります。

 

だけど、頑張ろうとすればする

ほど、ご自身の意図しない方向に

進んでいってるんですよね?

ということは、

 

「今のあなたのやり方、違うよー」

 

ってこと。

 

頑張るときじゃないということです。

 

もっというとね。 頑張ることに

逃げないで欲しい。 と思う。

 

どうしても頑張りたいなら、

「どうやったら頑張らないで

できるのか」を頑張って考えてほしい。

です。

 

インシデント・アクシデントは。

 

看護師の世界では、「一歩、間違うと

人を殺してしまいかねない」ものは

多いです。

 

だけど、そこに焦点をあててしまうと、

看護師は続けられないです。

 

あ。看護師に向いていないとか、

看護師を辞めたほうがいいとか

そういうことではなく。

 

全国あるいは世界中の看護師が、

「いつか人を殺してしまいかねない」

恐怖を持ち続けて仕事をしている

ことになります。

 

だって、働いている限り、

リスクはつきものですし。

 

だけど、みんながみんな、

そう思っているわけでは

ないですよね。

 

一歩間違えると、人を殺してしまい

かねない。

 

その事実に対し、どう向き合うか。

ということなんです。

 

今回の場合、「人を殺してしまわなくて

良かったね」。

 

だけど、一歩間違えれば、

そういうリスクはあるから、

次からはどんなことに気をつけようか。

ということなんです。

 

まぁ、いろいろとお伝えしたいことはまだ

あるのですが・・・。

 

やっぱり、「頑張る」ことをある程度、

辞めてみよう。

 

やっぱり、話はそれからだ。

なので、ここであえて

止めておきます。

 

看護師だけではなく、すべての仕事に

いえることなんですが。

 

「仕事ができること」を目指すことも

大事だけど。

 

「心を立て直せる土台づくり」って

すごく大事だと思います。

 

これは、仕事で悩むすべての人に

言えること。

 

もしも今、あなたが、この方と

同じようなことで

悩んでいるとしたら。

 

「人を殺してしまう恐怖と

どう向き合うか」とか。

 

周りの人が自分のことをどう思っている

かを気にしなくなりたいとか。

 

消えてしまいたい気持ちや

いたたまれない気持ちと

どう向き合うか。 とか。

 

辞めることも続けることもできない。

どうしよう。 とか。

 

孤独感とどう向き合うか。 とか。

 

それも、確かに大切なんだけれど。

 

優先順位はそこじゃないです。

 

「頑張るのをひとつでも辞めてみる」

 

何かの恐怖と向き合わなければ

ならないとしたら。

 

頑張らないでいることの恐怖と

向き合ってほしい。と思います。

 

「頑張らないって、どういうこと

なんだろう?」

 

「何をどこまで頑張らなければ

いいの?」

 

「え。どうやったら頑張らないで

仕事ができるっていうの?」

 

「は?坂口さん、何を言ってるの?」

 

「頑張らないこと、できないから

つらいんだよね・・・」

 

そういう疑問に真剣に

向き合っていただきたい。

 

深刻に向き合うのではないですよ。

真剣に。です。

 

頑張らないことは、

怠けることじゃない。

 

頑張らないことは、

逃げることじゃない。

 

頑張らないことは、

罪なことではない。

 

え。じゃあ、自分にとって、

頑張らない ことって、私の場合、

どうすることなの? というところを、

しっかりと見ていただきたい。

 

そんな風に思います(^-^)  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』