「私、物覚えが悪くて」の言葉にご注意を

「私、物覚えが悪くて」の言葉にご注意を

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

「なんだか歳のせいかな~。

最近、物覚えが悪くて(笑)」

 

「私なんてホラ、物覚え悪すぎて

バカだからさ~あはは!」

 

「きっと、物覚えが悪いから

この仕事向いてないんだよね・・・」

 

あなたはこれらの言葉を

無意識に人に話したり、

心の中で口ぐせのように

唱え続けてはいませんか?

 

これは、

 

1)自分が本当に物覚えが悪いとは

思っていないけど、ついつい話の

流れで言ってしまう場合

 

2)本当に心の底から思っている場合

 

の2種類に大別されるのですが、

あまりそういう言葉使わないほうが

いいですよ(汗)

 

といいますのは。

 

ぶっちゃけた話、物覚えが悪いって

言ってる人ってホント、物覚えが

悪いです。

 

「は?あたりまえじゃん。そんなこと」と、

あなたは思うかもしれませんが、

これって結構重要なポイント。

 

なぜかというと 「本当に物覚えが

悪いから、物覚えが悪いと感じる

のではなく、覚えが悪いと本当に

信じているから覚えが悪くなる」のです。

 

ある意味、自己暗示的な。

 

もちろんある程度、加齢の影響もあるのは

否めませんが(^-^;)

 

これは物覚えだけに当てはまるの

ではなく

 

「私って仕事できないの」

「ほんと要領が悪くて・・・」

「何をやっても、私ってダメな人間・・・」

 

など。

 

本当はそんなことないのに、

そんな言葉を自分に浴びせ続け、

自分を決めつけてしまうことで、

自分を不自由にさせていること、

忘れないでくださいね(^-^)  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』