新人の前でやってはいけないこと

新人の前でやってはいけないこと

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

やってはいけないこと。

というより、「配慮した方が

よいこと」なのですが。

 

それは、 

 

「新人のいる前で、他の新人の

状況について、むやみに情報

交換をしない」ということです。

 

たとえ、それが陰口でなくても、

「○○さん、昼の配薬し忘れたん

だって」

 

「あ・・・そうなんだ・・・

んー・・・困ったねぇ・・・(^-^;)」

 

ということさえも、基本的には

慎んだ方が良いと思っています。

 

私が昔、つい、うっかりやった

ことは、「他の新人の目の前で、

別の新人の笑い話をする」こと

でした。

 

もちろん、嘲笑うとか、バカにする

というニュアンスではないですよ。

 

自分がウケたことを他のスタッフに、

ついつい話してしまうのです。

 

確かに、こちらは悪気がないどころか、

新人さんに親しみさえ感じながら

言っているのですが。

 

たとえば、その笑い話を、別のスタッフに

も話して盛りあがり。

 

そのスタッフも親しみを込めて

「マジで?ウケるー!アホだ。あの子(笑)」と、

言ったとしても。

 

待てよ。

 

今、ここで、私達(私と別のスタッフ)の話を

聞いている別の新人さんは、どう思って

いるかわからないよな・・・。と思うのです。

 

つまり、「その場では先輩達が笑っている

から、一緒に笑ってみたけれど・・・私も

こうやって、何か失敗したら陰で笑われ

るんだろうな・・・」などと、思っていないとも

限らないからです。

 

私は、面白いことがあると、ついつい

人に伝えたくなるので、思わず新人さん

の前で、うっかり喋ったときには、

最後に「ほんっとに、あの人(新人)って、

ドジで可愛いよね~」とか、「超楽しい子

だよね~」という言葉をつけるように

していました。

 

大切なことは、基本的に他の新人が

いるときに、スタッフ同士で新人の状況を

語るときには、それなりの配慮が

必要だというお話でした。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』