悩んだとき、誰に話を聞いてもらいたいですか?

悩んだとき、誰に話を聞いてもらいたいですか?  

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

たとえば、自分の仕事の相談を、

職場の仲間にするとき。

 

確かに頑張れそうな気持ちに

一時的にはなれるけど、

なかなか解決できるような

具体策が出ないまま、

その場のストレス解消で

終わってしまったことってないですか?

 

そして次からまた、代わり映えのない

毎日が続いていく・・・。

 

ときには師長とか主任に相談して、

確かに正論でまっとうな意見を

もらったのはいいけれど、なーんか、

腑に落ちないのはなんでだろ・・・?

 

みたいな経験はないですか?

 

私のセッションにお申し込みされた方の

多くは、 「身近な人と話せたのは

よかったんですが、 なんか正直、

いまいちスッキリと しないんですよね・・・」

という思いを持ちつつ。

 

客観的な「プロの意見」を聞いて、

これからいろいろと判断していきたい

という理由で、私のセッションを受ける

決意をした方って、けっこう、多いです。

 

そして、「自分がどんなことを考えて

いるのか」は、職場の人に相談しても、

現場がわかっているぶん、そういう

意味では客観的な意見が聞けないし、

親にも相談できない。

 

自分の精神的な自己管理は

本当に必要だと思っていて、

そういう意味ではお金を支払って

セッションを受けることには

何の抵抗もない。

 

と言い切ってくださるクライアントさまも

いらっしゃいます(^-^)

 

ひとりの看護師に対し、客観的で経験

豊富な人から意見をくれる人がひとりでも

いたら、看護業界は良い方向に変わるのかも

知れないな・・・とも思います。

 

職場の仲間や師長、主任は 看護師として

プロかもしれませんが、こころを扱うプロって、

そう多くはないですものね。

 

しかも、身近な知り合いだと、

正直に話しているようで、

ホントの気持ちって、遠慮してしまったり、

恥ずかしくて言えなかったりもします。

 

だから、 聴いてもらってスッキリした

→でもやっぱり現実は変わらない

→やっぱり仕事がやりにくいのは

変わりないなぁ・・・

 

という悪循環を繰り返してしまうのです。

 

 

ですから、自分の悩みを相談する相手を間違えないでくださいね。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』