時間管理のできない新人さんにどう接するか(後編)

時間管理のできない新人さんにどう接するか(後編)

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

昨日の続きですが、今回は、

「時間管理のできない新人看護師

さんへの接し方」についてご紹介します。

 

あまりしつこく、「一日の動き」を

確認するのも、されるのも正直

しんどいですが、朝に行動調整して、

「自分で考えてやって」と放置し。

 

夕方に「今日一日、何やってたの?

朝、行動調整したよね」という方が、

お互い、しんどいです。

 

声かけは「明確化しながらこまめに」が

基本です。

 

「あと30分で何をしますか?」

 

「今、どこまでできてるの?」

 

この言葉を、随時、使う。

 

新人さんに教育をするとき、

限られた時間で、何をどれくらい、

どこまでやるのか。という

「効率化」を意識した働きかけは、

早期から必要です。

 

【指導者と新人の会話例】

 

指:「今はどれくらい、できている?」

 

新:「最初に目標として挙げたうちの

60%はできています」

 

指:「そしたら、あと30分で何をする?」

 

新:「できるだけ、多くの看護記録を

書こうと思います」

 

指:「できるだけ多くとは、

具体的に何冊?」

 

新:「3冊です。」

 

指:「30分で3冊。他の仕事もあるの

に、その目標を掲げるとはすごいね。

それで、この状況を考えたら、他の

予期しない仕事も来るかも知れない

よね。じゃあ、最低、どれくらいできれば

いいの?」

 

新:「うーん、1冊ですね。」

 

指:「そうか、1冊書ければいいんだね。

それじゃ、やってみよう!」

 

このように、まずは時間に区切りを

つけ、その間に何をするか明確化し、

共有する。

 

できるだけ多く。では、評価が

しづらいので、具体的な数として

表現するように質問を変える。

 

そして、「やってみよう!」と後押し。

 

大体、こんな感じでしょうか。

 

当時の新人さんの振り返りでは、

「時間を区切って質問してもらえたのは

すごくよかった。自分でも、時間を設定

して、やってみようと思います」 との

感想をもらえました。

 

最後には私から、「よく頑張ったね。

目標達成、おめでとう!」と、

おめでとうシャワーの嵐!

 

新人さんには、小さな達成感が

必要です。

 

それでなくても、「こんなこともできない」と

自分を責める人が多いのが新人さんの

特徴。

 

そして、勤務開始から勤務終了までに

大きな目標を立て、その間に、小さな

目標を立ててもらい、それがどれくらい

達成できているかを確認していく。

 

新人の時間管理能力を培う

ひとつの方法です。

 

一日で、何かをしよう。と思っても、

なかなか進まないから、小さな目標を

立てて、確実に達成していく方法は、

「目標達成の方法」に似ています。

 

これは、実体験に伴うひとつの

方法ですが、病院のシステムや

体制などは他の病院ではさまざまな

違いがありますので、工夫次第で

オリジナリティがどんどんでき上がる

はずです。

 

時間内に終わらないことで、落ち込む

必要はないし、責める必要もない。

 

しかし、時間内に終わらせなくても

いいのかというと、それも違う。

 

結果は別として、「時間内に終わらせる

よう工夫する」ことは大事です。

 

経験のある看護師でも、「とくに家に

帰っても用事がないから急がなくていい」

のスタイルだと、どうしても、ダラダラと

仕事をしてしまいがち。

 

実際、私がそうでした。

 

急いで仕事をしなければならないの

ではなく、効率よく仕事をすることが、

自分のためにも大切です。

 

きちんと、工夫して、意識して、

プライベートの時間を確保する。

 

人生は仕事だけでなりたっている

わけではないのですから。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』