失敗をどう捉えるかで人生変わってきちゃいます

失敗をどう捉えるかで人生変わってきちゃいます

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

失敗を起こしてみて初めて、

「あの時〇〇さえしなければ、

こんなことにはならなかった

のに・・・」とか。

 

「よくよく考えればさぁ・・・。

私がもう少し早く気づいていれば

ミスは防げたのに・・・情けない…」

 

と思ったことってどれくらい

ありますか?

 

ズバリ言っちゃいますと。

 

自分がしてしまった失敗に

対して、 あれこれ悔やみ

続ける人は、 人生うまく

いきません。 

 

そういう人は、仕事だけ

じゃなく、 家族、恋愛、

仲間との関係性も

うまくいっていないことが

多いです。

 

ちなみにあなたは

どうでしょう?

 

あれこれ悔やみますか?

 

そして、人生うまくいって

ますか?

 

でも、あれこれ悔やむことが

多かったり、 人生、うまくいって

ないな・・・と思うのであれば、

この状況はチャンスだったりも

します。

 

だって、「もう過去を悔やむ

必要はないのよ~」って気づけるから。

 

すぐにくよくよするし、

人生もうまくいっていないなぁ・・・と

いう場合は、

 

「そろそろ、そのパターンから

抜け出してもいいよ」っていう

サインだったりもするわけです。

 

大切なのは「失敗をしないこと」

では「ない」んです。

 

そこをゴールにしちゃうと、

正直、苦しいですよ~。

 

失敗したときに、その失敗を

どう活かしていくのか。

 

それとも失敗に対して、

後悔し続けていくのか。

 

という、「失敗に対する物の見方を

どう選択するのか」が非常に大切だと

感じています。

 

・・・ぶっちゃけ、「結果論」から

学ぶことも、すごく多いですしね。

 

※結果論とは、物事が完結した

後に原因を論じること。です。

 

「ああしておけばよかった・・・」が

その典型です。

 

失敗はいろいろなことを

気づかせてくれます。

 

今後の対策だけじゃない。

 

自分のメンタルをいかに

コントロールしていくのか

っていうヒントをたくさん

与えてくれます。

 

でね。

 

失敗した直後って、 いっぱい

いっぱい、これでもか~という

ほど、いろんなこと考えます。

 

イヤでも考えちゃいますよね。

 

「・・・待てよ!あの時どうすれば

良かったんだ・・・?」

 

「いや、でも、そうすることって

状況的に無理だよね・・・」

 

「でも、そうか。だとしたら○○

するっていう手もあったわけで・・・」

 

などなど。

 

大切なのでもう一度、

言いますね。

 

「失敗すること」は、大して

問題ではありません。

 

それより重要なのは、

「失敗をどのようにとらえ、

つぎに生かしていくのか」。

 

この考え方が非常に重要

なのです。

 

失敗はあなたがこれから

成長していくための、 ひとつの

プロセス。

 

そして、さまざまな事態が

起きたときの判断材料が

揃うためのプロセスであると

いえます。

 

失敗は成長に近づく最短の

道のり。

 

失敗は、次へ生かすための

ちょっとビターな宝物。

 

失敗は、あなた自身の心の

クセをから脱出するための

重要なきっかけ。

 

だったりもします。

 

「あのとき、ああすればよかった」

「こうすればよかった」

「やっぱりこんな失敗する

私はダメだ」という考えを持ち続ける

ことは、自分はダメだ・・・

自信が持てない・・・が、今後も続く

可能性、すごく大。

 

「あのときは、ああすればよかった」

「こうすればよかった」

「それに気づけたから、次は今の

私よりきっと成長できるよね」は、

これからも自分を信じる力を育てて

いける可能性、すっごく「大」。

 

あなたは、どちらの考え方を

採用しますか?(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』