人に褒められても受け入れられない自分がいます

人に褒められても受け入れられない自分がいます

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

「○○さんって、こんないいところが

あるよね」

 

「そんなことはありません。

私なんて全然ダメです」

 

「すごいじゃない!何も言わなくても

ちゃんと自己学習してきたんだね」

 

「・・・そうですかね。別にすごいことだとは

思いませんが。当たり前のことを

しただけです」

 

相手に褒められると、素直に受け入れ

られず、「自己否定」の返答をしてしまう。

 

あるいは、本当は嬉しいのに、

「そんなの、すごいことでもなんでもないし」

と思い、クールに返答してしまう。

 

わかります。

昔の私がそうでした。

 

人に褒められても受け入れられない

理由は、以下のことが考えられます。

 

1)相手の言葉をそのまま鵜呑みにすると、

「なに、あの人。私の言っていること、

信じちゃってる(笑)」と、陰で嘲笑されるの

ではないかという妄想が起こり、過剰に

自己防衛をしてしまう。

 

2)まだまだ不完全な自分なのに、

そのまま受け取ると、自己肯定をして

しまう=自身の成長が止まる。と、

心のどこかで思っている。

 

3)自分で自分を褒めたり、

ねぎらったりしていない。

つまり、自分のことを受け入れていない 

 

などなど。

 

1)についてですが。

 

いいじゃないですか。

何をどう思われようと。

 

仮に、それがお世辞であっても、

わざわざ褒めるところを、その人は

探して伝えてくれているのです。

 

褒めてもらいたくても、

褒められない人は、

世の中にたくさんいます。

 

しかも、聞かされているのは

苦言ではなく、褒め言葉

なのですから(^-^)

 

2)についてですが、相手が発した

言葉を受け取る=自己肯定をする。

ではありません。

 

「受け取る」は、あくまでも

「受け取る」にすぎないのです。

 

だとしたら、「ありがとうございます」。

 

それでよいのではないでしょうか。

 

もしも、それを言うのに抵抗が

あるなら「ありがとうございます。

これからも○○さんから学ばせて

いただきます」とか、

 

「ありがとうございます。・・・と

受け取る訓練をします」

(↑若干、照れながら)

 

でもいいのではないかと思います。

 

実は昔、私が居た職場に、

まさに絵に描いたような

「ネガティブ思考」のスタッフが

いました。

 

そのスタッフは、私が褒めたり、労っても、

その内容に過剰に反応して否定する。

 

その割に、とくに何も褒め言葉や

労いを言わなければ

 

「○○さん(他のスタッフ)は

いいですよねー。 仕事もできるし、

みんなからも認められて・・・

それに比べて私なんて・・・」と、

人と自分の比較をし、認められている人を

羨む発言をする・・・。

 

先ほども書きましたが、

昔の私も、そんな感じでした。

 

自分も、「褒められても労われても

否定する側」を経験したことがあるので

理解できますが、あるときから、

 

「ちゃんと、素直に受け取ろう。

できる限り」と、思いました。

 

なぜなら、「相手に失礼だ」と

思ったからです。

 

自分の、心から発する思いを

受け取ってもらえないと感じたとき。

 

やっぱり、悲しかったです。

 

何をどう言っても、そのスタッフに

受け入れてもらえないときは、

ヒートアップして言い合いになった

こともありました。

 

「○○さん(スタッフ)のこと、

ダメだなんて誰も言ってないじゃん」

 

「いいえ、ダメなんです!私なんて!」

 

「じゃあ、そう思っているなら、

いいんじゃないの?それで。」

 

「だったら、私、このままじゃないですか。

ダメなままじゃないですか」

 

「じゃあ、変われるように、やって

みたらいいんじゃないの?」

 

「だって、今までいくらやっても

変わらなかったし・・・」

 

「じゃあ、もう好きにしなよー。

知らんわ。私ー(←呆れ顔)」

 

などというように、延々と言い合いに

なりました。

 

私が、ヒートアップし、語気を強めて

投げやりな感じになったのは、

自分の言葉を受け取ってもらえず、

悲しかったからだと気づいたのは、

数年後のことでしたが・・・。

 

今では、相手に受け取ってもらえ

なくても、「どう受け取るかは相手の

領域」ですので、「そう思ってるん

ですね」とあっさり受け止めて、

次の話題に、すんなりと移れるように

はなりましたが。

 

相手を受け入れられないなら、

自分を受け入れる。

 

自分を受け入れられないなら、

相手を受け入れる。

 

そんな方向性で物事を考えて

みるのも良いのではないでしょうか。

 

その突破口が、「人に褒められたら

「ありがとうございます」と言ってみる」

という一歩であってもいいのだと思います。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』