報告しない新人をどう考えるか

報告しない新人をどう考えるか

こんばんは。

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

仕事における、「報告・連絡・相談」は

言わずと知れた「必要不可欠」のもの。

 

 しかし。あなたは過去に

 

「・・・どうしてそんな大事なこと、

報告しないの?」

 

「それ・・・私にちゃんと報告して

欲しかった・・・」

 

と頭を抱えた経験はないでしょうか?

 

それにしても新人は、なぜ報告しない

のでしょうか?

 

理由として以下のことが考えられます。

 

1)そもそも、報告する必要性のあることと、

ないことの区別がついていない

 

2)人によっては「そんなこと、いちいち

報告しなければ動けないの?」などと

いう人がいるので、何をどこまで報告して

いいのか混乱している

 

3)指導者が他の仕事などで不在だと、

なかなか会うことができず、結局、

タイミングを逃し、報告が遅れる

 

4)業務が一区切りついてから

(たとえば、看護研究なども含め)

終結果の報告をしようとしている

→中間報告ができない

 

5)中途半端に報告すると、

「仕事のできない人」「どうしてそんな

中途半端に報告をするわけ?」などと

思われるのではないかと思い、言えない。

 

など、実にさまざまなことが

考えられます。

 

いずれにしても、指導者は、

 

「報告するのは社会人として常識!

そんな当たり前のこともできない訳?!」

 

という前に、相手が報告しなかった

理由を知ることも大切です。  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』