指導者さん。新人看護師に一番多い悩みって何かご存知ですか?

指導者さん。新人看護師に一番多い悩みって何かご存知ですか?

こんばんは。

 

土曜日のスマステを見て、

送料に悩みながらも、

リアルタイム検索が1位

になったのを見て、「鮭キムチ」

をネット購入してしまった、

テレビ大好きっ子。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です(爆)。

 

新人さんのセッションをしていて、

想像以上に多いのが

『報告・連絡・相談ができない』

という悩みです。

 

「できない」といっても、

いろいろな理由があります。

 

大別すると

 

①指導者が忙しそうor探しても

見つからないので報告できない

 

②何を報告するべきなのか

判断がつかない

 

③順序立てて話すことができない

 

もちろん他にもありますが、

ダントツで多いのは①です。

 

で、この①に潜んでいる要因は、

先輩に対する『恐怖』『遠慮』です。

 

私が新人看護師さんにお伝えして

いるのは、結論だけを言いますと、

怒られても叱られても嫌われても、

他のスタッフにバラされても

うざがられても。

 

イヤでも泣きそうでも何であっても

「報告してください」とお話しています。

 

それはどうしてかというと、

患者さんもそうだけど、

「自分を大切にする」 という

観点につながるからです。

 

「どうやったら上手に報告できるか」と

あれこれ考えるより、トライ&エラーを

繰り返した方が だんぜん身につくのは

早いし、怒られても、嫌味を言われても、

死ぬわけではないということを体感して

もらうために、とにかく、実践をしてもらい

ます。

 

スパルタではありません。

 

実際に、背中を押されると

人は跳べるのです^^

 

だけど、とにかく「報告するのが怖い」 という

悩みをご相談される新人さんの数が

あまりに多いので、 これは、相談者

だけの問題ではないな・・・と、ずーっと、

感じていました。

 

私が今日、お伝えしたいのは、

あなたが思っている何倍も新人さんは

先輩に報告することを恐れています。

 

そして、あなたが思っている以上に

新人さんは遠慮しています。

 

「仕事を何だと思っているの?」

 

「自分のことを守るより、患者さんの

ことを考えて行動して」

 

「社会人なのに、最低限の報告すら

できないなんて・・・」

 

という正論ではなく。

 

「報告できない」という事実が多く

存在していることに目を向けて

くださる方が増えてくれたらいいな・・・

と思っています。

 

だから、「いつでも声をかけて」ではなく、

「私が忙しそうにしているときほど

声をかけて」

 

「こんなことを聞いてもいいのかな・・・と

思うときほど聞いて」

 

「自分でやってみて2回できなかったら

私に報告して」のように、より具体的な

声のかけ方をしていただけたらいいな

って、思います^^  

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』