人の目が気になって仕方がない自分が嫌です

人の目が気になって仕方がない自分が嫌です 

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

あなたは、人の目が気になって

仕方がないタイプですか?

 

そして、「そんな自分なんて

すっごくイヤ!」なんて思ってます?

 

実は、そのような状態のときは、

ある「カラクリ」が働いている

場合があります。

 

実は、人から言われる苦言は、

自分が自分に対して言っている言葉と

ほとんど同じなことが多いです。

 

「あの人って、できない人だよね」

「何なの。あのできなさ・・・」

 

そういう言葉は、あなたのなかに

ある言葉が、 周りのスタッフに

反映しているものだと、まずは

考えてみると良いです。

 

つまり、自分が自分の評価を下げて

いる。

 

自分で自分をダメ出ししている

その「癖」を 直すことで、自分も周りも

変わる可能性が 高いです。

 

当然のことながら、陰でヒソヒソと

自分のことを言われていると

へこみますよね。

 

それが、自分でも気にしていた

ことであるならなおさら・・・。

 

だけど、当然のことながら

スタッフたちのところに行って、

「私の陰口を言うのはやめて

ください!」 とは、なかなか

言えないわけですよ。

 

(しかも、得策ではありませんし・・・。

 

だから、まずは、

「自分を責めることをやめる勇気」

を持ってみましょう。

 

そしてあくまでも「自分」に常に

意識を戻していくことが大切です。

 

先輩に怒られたらどうしよう・・・は

他人が軸となっています。

 

つまり、自分の思いがないがしろに

なっている状態。

 

〇〇さんに悪く言われたらどうしよう・・・

と苦しくなる気持ちもわかりますが、

それをやっていくと、人の目を気にして

動いてしまう自分がどんどん強化されます。

 

今、私は目の前にあることを

やることしかできない。

 

と、ことあるごとに意識を

自分に戻していくことが大切。

 

陰であれこれ言う人は、たとえ、

あなたが誰から見ても素晴らしく

できる人になったって、重箱の隅を

つつくようなことを言ってくるもの

なのです。

 

(すべての仲間が。じゃないです

けどね)

 

ほかのスタッフが言っていることで

改善できる方法があれば、

それを取り入れていきながら、

自分がやるべきことを最優先してやる

のが大切です。

 

実は、私も、人の目を気にするタイプです。

はい。今でも。

 

私の場合、どうして人の目を気にする

自分が別に嫌いじゃないかというと、

「人の目なんて多かれ少なかれ、

誰でも少しは気にするんだから、

別にいいじゃん」 と思ったから。

 

もう一つは「言われたことを、

取り入れるか・取り入れないかは、

私が決めることだから」 という

「自分軸」があるからです。

 

そして、「相手は好き放題、

見たいものを言う」 という人間の

特徴がわかってきたから、実際に

私の陰口が耳に入ってきても。

 

それが私にとって、身に覚えのある

ことなら改善をしますが、 ただの

感情論や、今の私の力量でムリな

ものはムリ。というように、

取捨選択をして来た。

 

その方法を繰り返してきたから

なんだと思います。

 

陰でコソコソ言われているとき、

「まさか私の悪口?」と思うことも

未だにありますが、そこに入り込んで

確認するわけにもいかないし。

 

私が完全に制御できるものでも

ないし、制御する必要もないよな。

って割り切って、 「どーぞ、悪口、

言っちゃってください」の領域に

なってきています(笑)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』