とにかく不安が強くて仕方がありません

とにかく不安が強くて仕方がありません

こんばんは。

 

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

あなたが今、抱えている不安が

ふと気がつくと雪だるま式に

大きくなっていることはないですか?

 

一つ不安があると、次から次へと

「あれも不安」、「これも不安」、

「それも不安」、「どれも不安」・・・と、

不安が頭の中を占拠する状態。

 

「不安」そのものは波及する性質を

持っているため、広がっていくのは

仕方がないことなのかもしれません。

 

不安な気持ちを、

 

「そんなに不安がったって

仕方がないよねぇ?」と

必死で言い聞かせてみても、

気づけばまた同じ不安を

持ち続けている。

 

そんなあなたに、お伝えしたい

ことがあります。

 

それは、

 

「行動することで解消する不安」と、

「行動しても解消しない不安」を

見極めましょうね。

 

ということ。

 

不安がとても強いとき、

次の言葉を自分に問いかけて

ほしいんです。

 

「・・・ねぇ。その不安に思っている

内容って、実際に行動すれば

解決することなの?」と。

 

行動を起こすことで解決する

可能性があるのならば、

「どうやって行動するかを考えること」。

 

行動を起こしても

解決できそうにないなら、

「その不安は潔く捨てること」。

 

たとえば、「あれ?家の鍵、

閉めたっけ?」 と思ったとき。

 

実際に家に戻って確認する

という行動をすることで、

不安が解消するのであれば、

家に帰る。

 

でも、「あれ?家の鍵、閉めた

っけ?」 と思ったとき。

 

もう電車に乗ってしまい、

戻るに戻れない状況ならば。

 

潔く、不安を捨てましょう。

ということなんです。

 

延々と悩んでいる人って、

自分ではコントロールできないことまで

悶々と悩む傾向にあります。

 

同じ悩みでも、行動すれば

解決できることと、悩んでも仕方の

ないことをごちゃ混ぜにして、

あれこれと不安がるんですね。

 

ですから、やみくもに不安になる前に、

不安を持っていて解決できることなのか、

そうでないのかどうかをきちんと

分けて考える必要性があるのです。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』