本当に自分を変える必要性はありますか?

本当に自分を変える必要性はありますか?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

今日、私があなたにお聴きしたいのは、

「本当に自分を変える必要性が

ありますか?」

 

とともに、「何を変えたいのですか?」

ということです。

 

世間では、

 

「自分も、社会も、世界も変えていかな

ければならない風潮」になっていると

感じるのは私だけでしょうか。

 

成長

切磋琢磨

向上

前進

 

・・・これらの言葉はとても聞こえの

良い言葉です。

 

しかし、「自分は変わらなけば

ならない」と思っている場合。

 

 「変わらなければならない」のか、

「心から変わりたいのか」 について、

もう一度、自分の心に尋ねることも

大切です。

 

前者のイメージだと、

 

「不本意だけど、何か成長しなければ

ならないような焦り、不安がある」

 

後者のイメージだと、「自ら変わり

たぁい☆」的な感じ(笑)

 

別に今がうまくいっていないわけでも

ないのに、周囲の雰囲気に流され。

 

「不安」や「焦り」に駆られて、

別にそれ程、行動したいわけでは

ないのに、「問題点」を自ら

創り出してしまう。

 

でもね。

 

「変わりたいと思ったら変わればいい。

変わりたくないと思ったら、無理に

変わらなくていい」

 

変わらずにいる勇気が必要なときも

あるんですよね。

 

周りの風潮に踊らされて焦るなら、

それはちょっと違うような気がします。

 

まるで昔、世間で言われていた

「25歳が結婚適齢期

「30歳過ぎたら負け犬」などの

フレーズに翻弄されているような

イメージがあります。

(すでにたとえが古い・・・orz)

 

「自己成長」だけが人生のテーマでは

ありませんし、人生人それぞれです

から、急ぐことが必要な時期もあれば、

立ち止まる時期もあって当然なんです

よね。

 

変わることだけに意義があるのではない。

変わらないことにだって、意義があるのです。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』