スタッフに大切なことが周知できない・・・どうしたらいい?

スタッフに大切なことが周知できない・・・どうしたらいい?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

大切なことをスタッフに

周知したいのに、重要性を

理解してもらえず、困ること

ってないですか?

 

たとえば、あなたの周りは

小さいお子さんを抱えた

スタッフばかり。

 

業務改善したいのに

なかなか伝わらないし、

正直、忙しくて伝える

時間もとれない・・・

 

なんだか自分が、どんどん

孤立していくような気がする・・・

 

こういうとき、どのようにしたら

大切なことを相手に理解して

もらえるのでしょう?

 

具体的には

 

1)その業務をすることで、相手に

どんなメリットがあるのか、

あるいはそれをやらずにいる

ことで、相手にんなデメリットが

あるかを伝える。

 

人は、自分にとって、メリットが

大きいほど、取り組みやすく

なります。

 

逆に、デメリットが大きいと、

なかなか重い腰をあげないため、

コミュニケーションに工夫が

必要です。

 

2)話す時間がなければ、簡単に

「目的・内容・メリット・デメリット」などを

紙面にまとめて配布する。

 

3)決定事項にしなくていいから、

まずはお試しで 「一週間だけでも

やってみましょう」などと提案してみる

 

仮に、その改善内容が、大幅な改革が

必要なものだとしたら、全部でなくて

いいので、一部だけでも体験してもらう。

 

4)実際にその活動に参加するのは

スタッフなので、 スタッフが気持ちよく

できるよう、日ごろからコミュニケー

ションを取ったうえで、

 「どう?やってみない?」

 「・・・っていうか、ちょっとやってみようか~」

などと、相手が重く感じないように

軽いノリで声をかけてみる

 

などがあります。

 

なにかを変えるときは、 それが

どんな小さいことであっても、

改善することは思ってる以上に

大変なことです。

 

一生懸命、頑張っているのにも

関わらず、 なかなか協力が

得られない場合は、一度、

その問題から離れることも

必要です。

 

だって、そのことばかり

考えていると 気持ちが暗くなり、

何もかも嫌になってしまっては、

本末転倒ですものね^^

 

あなたにとって生かせそうな

ことがあれば 参考にして

みてくださいね(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』