新たな役職につくときに心得て欲しいこと

新たな役職につくときに心得て欲しいこと

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

そろそろ、年度の変わり目が

近づいてきますね。

 

師長、主任から、新たな役職を

お願いされ、 正直、ブルーな

気持ちになってしまう方も

多いかもしれません。

 

そこまで上の役職ではないけど、

委員会や係のリーダーとかも同じ・・・

 

あなたはいかがですか?

 

何か係の仕事など、新しい役職に就く

予定がありますか?

 

本当は、人の上に立つ仕事なんて、

やりたくないけど、なんだかやらざるを

得ない状況になり、不安だけが

募っていく・・・。

 

のしかかる重圧に、押しつぶされそうに

なる方もいるかも知れませんね。

 

新たな役職に就くと、ホント、色々な

悩みで翻弄されます。

 

新しいことにチャレンジするときには

混乱がつきものなのかもしれません。

 

最初はとにかく、必死になります。

 

でも、落ち着くか落ち着かないか。

あるいは全然落ち着かないか。の頃。

 

なんだか「・・・?」と思うような情報が

あなたの耳に入るかもしれません。

 

 「○○さん(あなた)は全然

何もしてくれない」

 

 「○○さん(あなた)、このような状況が

続いたままでいいんですか?」

 

あるいは

 

「・・・陰で私の悪口を言ってる

んじゃないか」

 

とか。

 

「『どうしようもないリーダーだよね』って、

言われてるに違いない」

 

とか。

 

そんな妄想(?)も、頭の中を

駆け巡ります。

 

そんな状況になったときに、

覚えていて欲しいのは、

今、あなたは、人の言うことに

あれこれ左右されない

「こころのあり方を身につける段階」

に来ているんだなということ。

 

人の上に立つとなると、当然、

下の人間が頼ってきます。

(それが、無意識であろうと、

意識的であろうと)

 

逆に言うと、自分には責任が

ないから、 言いたい放題言える

という構図もできあがります。

 

誰かのせいにすることで、

気持ちを楽にすることも

できるっていうメリットもあります。

 

だから、文句を言われる

=あなたが、 その役職に向いていない

 

とは必ずしも言い切れなかったり

します。

 

役職についた以上、スタッフたちの

やり場のない不満のターゲットに

なりやすい位置づけとなるのは、

ある意味、仕方のないこと

なのかもしれません。

 

あなたのこころの中に一つ、

留めておいてほしいのは。

 

「・・・好き勝手なこと

ばっかり言って・・・」

 

と思うような相手の言うことは、

「実際にやってもいないあんたに

そんなこと言われたくない!!」

と思うことを自分に許可して

あげて欲しいんです。

 

スタッフの言うことを、 何とか

叶えてあげようとか。

 

少しでもより良くしたいという

思いだけが先走って、

あれもこれも・・・と、 パニックに

なりやすいんですが、

あなたにできることは、

今、目の前にあること。

 

それだけを、きっちり

やるようにする。

 

これしかないんです。

 

主任とはこうでなければいけない。

 

リーダーとはこうあるべき。

 

師長とはこうしなければならない。

 

など、ある程度の理想は大事です

けれど、 役職に就く人はその理想に

押しつぶされてしまうのが多いのも事実。

 

やった方がよいことではあるけれど、

できないものは、今はできない。と、

いうように、自分の中で、しっかりと線引きを

しながら、「できること」だけをやっていく

よう心がけましょうね。

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』