今の自分も置かれている現実もイヤだという人が覚えておくとよいこと

今の自分も置かれている現実もイヤだという人が覚えておくとよいこと

こんばんは。

看護師の悩み解決

専門カウンセラーの坂口です。

 

現状否定から生まれるものは、

否定的な現実です。

 

今のままがイヤだから、

この現実から何とかして

抜け出すための行動をしても

うまくいかないのは、

 

「今のままがイヤ」という強烈な

「否定」があるからです。

 

だとしたら、どうすれば良いか。

 

それは、今の状態を

「中立的な視点」で見ることです。

 

今の状態に満足していない人の

こころの根底にあるのは「欠乏感」

です。

 

欠乏感が根底にある方が、

必死に現状を変えようと思っても、

途中でイヤになって諦めたり、

投げ出したりすることが多いのです。

 

なぜなら、「マイナスにプラスを

掛けてもマイナスだから」です。

 

たとえ、どのような状況でも、

「良し悪しの絶対的基準」は

存在しません。

 

今の状況に対し、解釈を

つけているのは「自分」です。

 

ですから、その状況が「悪い」と

「イヤ」と決めつけているのも

自分なのです。

 

私がお伝えしたいのは、

 

「今の状況を『悪い』と決めつけ

ている自分の考え から、

一度、距離を置きましょうね(^-^)」

 

ということ。

 

そして、人間は、無意識の部分で

自分にとって、利益、もしくは「快」 が

ある方を選びます。

 

そんなバカなと思うかも知れませんが、

いくら、「こんな現実、マジでイヤだ!!」

と思っても、無意識の部分では、

何らかのメリットがあるから、

その状態にとどまり続けるのです。

 

自分が変わりたいと思っている

にも関わらず、変われない理由

も、ここに あります。

 

だとしたら、(自分が認識している)

デメリットがあるなら、それと同じ位の

メリットがあることも認める必要が

あります。 

 

しかし、デメリットを見ずに

メリットのみを見るのは、

単なる「ポジティブシンキング」。

 

それこそ、弊害があります。

 

メリットとデメリットを認識したうえで、

「今の状態は、それほどまでに

イヤなものなのだろか」を

見つめ直す。

 

つまり、偏った物の考え方を

中立に戻し、改めて俯瞰で

物事をみると、それほど「イヤ」

じゃなかったりすることも

あるのです(^-^)

 

あまり、誰も書かないような深いお話をこちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』