現実に押しつぶされそうです

現実に押しつぶされそうです

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

さてさて。

2017年がやってきました。

 

あなたは今年、どのような

お正月を迎えましたか?

 

私は、年末年始は、お仕事@看護師

でしたので、職場のパソコンの前で

一人静かに新しい年を迎えました。

 

その後もおかげさまで、とくに

荒れることもなく、穏やかな

お正月を過ごすことができました。

 

・・・本格的に風邪をひいたので、

何度も何度もおやじみたいな

くしゃみと咳の連発でしたが(^w^)

 

さて。本題です。

 

あなたは今、置かれている環境や

状況に押しつぶされそうに

なっていませんか?

 

受け入れられない現実。

 

何をどうやっても動かない状況。

 

そんな現実を目の前に、 もはや

どうすることもできず。 心が死んで

いませんか?

 

もしも今、あなたが、そのような状況に

置かれているのだとしたならば。

 

一つご提案をさせていただきます。

 

それは

 

「あなたが主体的に人生の主導権を

握ってください」

 

ということ。

 

「主体的に」がポイントです^^

 

押し潰されそうになっている状況は、

「押す」「潰す」という言葉からも

わかるように、

 

「上から外力がかかるイメージ」

 

がありますよね。

 

つまり、現状や環境などの現実が

「上」の位置にあって、 自分が「下」に

なっているイメージ。

 

それを 「私(あなた)がこの現実を

コントロールしていく」 という意志を

持つこと。

 

もっと具体的に言うと、あなたが

置かれている状況を逆手に取り。

 

「自分に何ができるのかを試すために、

この状況を利用してやるぜ~。

へっへっへ」 と、状況に対して、

「上から目線」の位置に

敢えて立ってみるのです。

 

つまり、

 

「現実の奴隷になるのは、

もうやめましょうね(^-^)」

 

ということ。

 

「〇〇さんが~~してくれない」

 

「無視されるし、陰口言われる」

 

「私にだけ口調や

態度が冷たいスタッフがいる」

 

「上の人間は組織を守ることばかりで、

私たちスタッフのことを考えてくれない」

 

・・・などの状況を、一つ一つの「鍵」だと

イメージしてください。

 

「〇〇さんが~~してくれない」

(↑1つ目の鍵)

 

「無視されるし、陰口言われる」

(↑2つ目の鍵) という風に。

 

そして、一つ一つの出来事に対し、

「じゃあ、この状況でできることってなんだ?」と、

自分にできることを考え、鍵を一つ一つ

開けていく。

 

そんな感じです。

 

それは最終的に何が目的かというと

「新しい自分に出会うため」。

 

もっと言うと、「もともと、自分が

持っている力」を目覚めさせる

大切な鍵。

 

その鍵が多ければ多いほど、

あなたには、たくさんの可能性を開く

鍵があって。

 

それを使って、新しい自分へとつながる

ドアを開けることができるのも

あなたなのです。

 

「潰されそう・・・(涙)」ではなく、

「私は新しい自分に出会うための鍵」を

手にしている。

 

そう思ってみてくださいね(^-^)

 

あなたが今、置かれている現状は、

あなたの力がないことを証明する

ものではなく。

 

ちゃんとあなたにも力があることを、

あなた自身が実感するために

起きているのです。

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』