いじめ・パワハラ・見下される・・・はなぜ起こる?

いじめ・パワハラ・見下される・・・はなぜ起こる?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

あなたの周りに、人を見下したような

物の言い方をする人や。

 

 他の人には何も言わないのに、

自分ばかりに攻撃をしてくる人

っていませんか?

 

心が折れてしまうような口調や

態度でネチネチと口を挟んで

きたり。

 

ときには理不尽に怒鳴る先輩・・・。

 

あなたの職場にも一人くらいは

いるのではないでしょうか。

 

私はこれまで、どちらかと言えば

いじめられる側でした。

 

ところが以前、「ははーん・・・これが

いじめる側の気持ちか・・・」と

思うような出来事を体験しました。

 

とある店で会計をしたときに、

レジの人がおどおどしながら、

「すいません」「すいません」

・・・を連発していました。

 

以下、店員さんの発言

 

(私が商品を台に置いたとき)

「すいません。失礼します」

 

(領収書の発行をお願いしたとき)

「はい、すいません。わかりました」

 

(お釣りをくれるとき)

「すいません、○○円の

お釣りになります」

 

「すいません。領収書のご用意を

いたしますね」

 

・・・。

 

この一連の店員さんとのやりとりのなかで、

私は「・・・何で何も悪いことしていないのに、

こんなに謝るんだろ?」と 不思議に思うと

同時に。

 

ほんとに一瞬ですが、

その店員さんに

いじわるをしたい気持ちに

なったのです。

 

あ。だからといって、実際に

いじわるはしませんよ。

 

そして、その瞬間、

 

「ははーん。これが『いじめる側の心理』

なのか・・・」と、冷静に分析をしました。

 

基本的に人間は平等でありながらも、

社会生活における人との関係性には

何らかの上下関係が存在していることが

多いですよね。

 

上下関係は、上司、部下というように

立場上の関係性が最初から決まって

いるものもありますし。

 

友達同士でもそれぞれの価値判断に

よって 「あなたは上、私は下」という

位置づけで相手を判断する場合もあります。

 

しかし、いじめられたり、パワハラを受けたり、

見下されやすい人は、意識・無意識を含め、

「下」の位置にわざわざ自分から

潜り込む人もいます。

 

先ほどの店員さんの例でいうと、

私は店員さんを見下す意識はないのに、

店員さんが過剰に謝る

私よりも「下」である。と相手が勘違いさせる

行動をとることにより、自動的に私が

「上」の立場となる。

 

そして、過剰に「すいません」と謝る行為

によって、 言われた相手は

「自分が強く、相手は弱い」という

錯覚をしてしまうんですね。

 

社会生活における上下関係そのものは、

切っても切り離せないものですし、

もちろん、上下関係=いじめ、パワハラ

見下される・・・に直結するもの

ではありません。

 

結局、何を言いたいのかと言いますと。

 

「必要以上にへりくだると、ナメられますよ」

 

 だからといって、謝っては負け。とか、

「すいませんなんて、言わなくていいよ!

強気で行け~!!」ということでは

ありません。

 

過度に強気になると、 相手は

「自分が下」の位置に陥ることを

嫌がるので、逆効果になることが多いです。

 

だからといって、必要以上に弱気になると、

自分から「相手>自分」の図式を作って

しまうから、相手が自動的に自分を見下す

という現象が起こる場合があるんです。

 

どうしてほかの看護師とは普通に接するのに、

この患者さんは私にだけ冷たいんだろう・・・と、

思うときも、「こいつは、俺の言うことに従う奴」

という植えつけを自らがしている可能性が

あります。

 

目指すは、対等性。

 

あなた自身が「私はこの人より下」とか、

「私はこの人より上」と思ってしまうのは

人間の本能の部分があるので、

その思いを消す必要はありません。

 

ですが、その思いは決して、「事実」ではなく、

「主観」だということを心の片隅に置くこと。

 

そのうえで、どちらが上でも下でもない

対等性 (←在り方としての対等性です)を

意識する。

 

・・・対等性=ためぐち。ではないですよ(^-^;)

 

社会的には上下関係はあるけれど、

私たちは同じ、人間だよね(^-^)という姿勢が

大切です。

 

そのためには、あなた自身に後輩や、

自分よりも下だと思っている友人や

仲間たちに対するあり方を変える

必要もあります。

 

つまり、尊重した関わり方。ですよね。

 

そして、「過度に自分を低い位置におかない」

 

これが本日のポイントです(^-^)/

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』