何でもかんでも変えればいいわけではないのです^^

何でもかんでも変えればいいわけではないのです^^

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

「自分のこの性格を変えたい」とか。

 

「このネガティブになるクセは

問題だからなんとかせねば」とか。

 

人類(←テーマが壮大(驚))にとって

「進化」は欠かせないので、

やはり、人が人である以上、

「変化」による「進化」を望むのは

ある意味、避けられない・・・

というか。

 

別に避けなくてもいいのですが、

人間とはときに、「自分に

対する変化を強制する」生き物だなー

と感じることがあります。

 

その根底にあるのは「自己否定」

なのですが・・・。

 

「変わりたい」と思う動機は

大別すると 二つあります。

 

ひとつめは、「こんな自分、ほんとに

イヤァァァァァ!」と、心底思っている

のに、行動できない場合。

 

もうひとつは「いまの自分もいいけれど、

もっと素敵に変われたらいいなぁ☆」と思う場合。

 

後者の場合、私からは何もお伝えすること

はないのですが。

 

もしも、あなたが前者の場合。

ちょっと辛口なことを書きます。

 

 「変わりたいのに行動できないのなら、

本当は変わる気も、変える気もないことを、

さっさと認めてください( ̄ー ̄)ニヤリ」 

 

私は「変化しようがしまいが、本人の自由」

だと思っていますし、変化する・しないに

優劣はありません。

 

だから、

 

変化を望む人=素晴らしい

変化を嫌う人=ダメという概念を

もっていません。

 

もっというとね。

 

変わらない人なんて、

いないんだよね。 

 

なぜなら、この世界は

 

「とどまり続けるものなど、

何一つない」

 

から。

 

まさに、「諸行無常」の世界なわけですよ。

 

で、話は戻りますけど、 「変わりたい」なら、

「私、別に変わらなくてもいいじゃん」

「私、このままでいいじゃん」 という状態に、

ご自身の意識をもってくる 必要があります。

 

つまり、最初に必要なのは

「何でもかんでも、 自分を問題視する」こと

からの卒業。です。

 

これを、私(坂口)を例に挙げると。

 

私も、欠点や短所はたくさんあります。

挙げれば、相当、出てきます。

ほんと、キリがないです。

 

で、自分の思考パターンも、基本、

超がつくほどのネガティブです。

 

だけど、私、自分の欠点や短所、

思考パターンとはこういうものだ。

とは気づいていますが、 「問題視」

することは、ほとんどありません。

 

つまり、「欠点」「短所」 「ネガティブな

思考パターン」 はあるけれど、

深刻になるほどの問題は実際には

起きていない。

 

あるいは起きていても、改善しようと

思わないのです。

 

確かに、欠点や短所があることで、

困る場面は確かにあります。

 

だけど、そんなことを克服するよりも、

もっと自分の優先順位として

大切なことがある。

 

それは、

 

「自分の人生に意図と責任をもって、

自分を幸せにする努力をしていく」

 

それが、現段階での私の

課題かもしれないな。と

思います。

 

もしかしたら、「臭いものにフタを

しているだけじゃなぁい?」 と考える

こともあります。

 

だけど、それならそれで、

フタをし続けた結果がどうなるかの

責任も、自分なりに引き受けようと

思っているから。 大丈夫^^なんです。

 

だから、ここもダメだ。あそこもダメだ。

と思っているうちは、変われないと

思ってください。

 

変わったって、永遠に「変わらなきゃ」

という欠乏感が繰り返されるだけだから。

 

「変われない」「変わらない」自分

でもいいじゃん。 と思えたときに、

人は案外、すんなり変われたりするのです^^

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』