インシデント・アクシデントレポートを有効に活用する方法

インシデント・アクシデントレポートを有効に活用する方法

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

私が日ごろから後輩によく言っていたのが

 

「(職場の)インシデント・アクシデント

レポートは、時間を見つけてでも、

よく読んでおいた方がいいよ」

 

という言葉でした。

 

少なくとも私は、時間が空いているときに、

「どんなインシデント、アクシデントが

起こったのか」を必ず確認していました。

 

(時間が許せば「解決策」もです)

 

それは何故か。

 

あなたの全く知らない人が

ミスをした事例を見る以上に、

あなたの知っている身近なスタッフが

起こしたミスの方が、非常にリアルに

感じられるからです。

 

また、それぞれの病院、施設は、

職場独自の「システム」がありますよね。

 

同じ職場で起こるミスは、まったく別の現場の

話よりも、状況をイメージしやすいため、

「自分も気をつけよう」という意識に

なりやすいのです。

 

他の人が書く、インシデント・アクシデント

レポートを見る度に、「明日は我が身」と、

気が引き締まります。

 

レポートは、どれだけ経験年数を

積み重ねても、私にとっては

「生きた参考書」だな。と改めて思います。

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』