このまま落ち込んでいていいのでしょうか?

このまま落ち込んでいていいのでしょうか?

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

最近、落ち込む出来事は

ありませんでしたか?

 

職場で先輩に怒られた。

仕事でミスった。

彼とケンカした・・・

 

など・・・。

 

逆に、何があったわけでは

ないけれど、落ち込んで

しまう・・・。

 

そんなときに

「落ちこんでなんかいられない!」と、

むりやり、ポジティブに考える人も

いれば。

 

「どうしてすぐに落ち込むんだろう・・・」

と、自分を責める人もいます。

 

でも、人間の体内には

バイオリズムがあるので、

落ち込むことがあって当然です。

 

順調そうに見える人も、

あなたの知らないところで

落ち込んでいることも。

 

本当は落ち込んでいるのに、

「落ち込んではいけない」と、

自分の心に抑圧をかけることに

より。

 

落ち込みがさらに悪化する

 

自分の感情がわからなくなる

 

胃痛、じんましんなどの身体症状

を起こす

 

など、さまざまな悪影響が起こる

可能性が高くなります。

 

だから、落ち込むときは、

どっと落ち込んだ方がいいのです。

もちろん、TPOは大切ですが。

 

落ち込んだときには、

怒りや不安、悲しみなど、

さまざまな感情が

湧き上がりますよね。

 

しかし、感情は、無理に消さず、

感じ切ることによって消えていく

という性質があります。

 

あ。消える。というのは一生

消えるというのではなく、

「そのとき抱いた感情」です。

 

また、人に話す、部屋の中で

叫ぶなど、何らかの形で

吐き出すことで軽くなるという

特徴があるのです。

 

バイオリズムという生命体の

変化に無理に逆らうよりは、

自然の流れに任せることで、

また違った変化があるのかも

知れませんね(^-^)

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』