やり忘れていることを思い出すコツとは

 

やり忘れていることを思い出すコツとは

 

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

業務の終わりに、

「あれ・・・。何かやり忘れたことは

ないかな・・・」 と振り返りをするとき。

 

「う~ん・・・。なんだっけ・・・」

 

「何かやり忘れていることが

あるような 気がするんだけど、

思い出せないな・・・」

 

「ま、いっか♪何かあったときは、

そのときそのとき♪」 と思いながら

家に帰ると。

 

「は!!やばっっ!!」と思い出して、

焦るときってないですか?

 

とくに夜勤明けは、 思考能力が停止し、

「・・・???」の状態になることって、

多いですよね(笑)

 

でも、大切なことを忘れると、

患者さんからの信用を損ないますよ(汗)

 

私が日勤からの業務を引き継いだ

あとに、

 

「日勤の看護師に頼んだのに、

どうなったかの返事がいつまで

経っても こない!!

どうなってるんだ!!」

 

と、憤慨している患者さんからの

クレームを受けることって、

けっこう、多かったりします(^-^;)

 

思い出したい・・・。

でも、思い出せない・・・。

 

そんなときは、どのようにすると

よいのでしょうか?

 

大切なのは『細分化』です。

 

細分化とは

「項目ごとに区切って考えること」 。

 

例えば、

 

・患者さんに伝え忘れはないか

 

「あとでお返事しますね」とか、

「確認しておきます」といって、

返事を伝え忘れたことはないか。

 

・スタッフなどの関係者に

伝え忘れはないか

 

患者さんに、エアコンの調子が悪い

ことを師長に言い忘れた!とか。

 

食事変更の件、栄養科に電話するの、

忘れてた!など、他部署への連絡で

忘れていることはないか。

 

・注射・点滴類

 

点滴のロック、したかな・・・?

 

インスリン、ちゃんと打ったかな・・・?

 

患者さんのベッドサイドに

注射針とか置き忘れていないかな・・・?

 

・栄養

 

経管栄養(胃瘻なども含む)、

ちゃんと終わらせたかな?

 

きちんと後片付けをしたかな。

 

バイタルの再検

 

熱発している人の再検はした?

 

溶けたアイスノンは片づけた?

もしくは新しいものと交換した?

 

・記録物

 

書き忘れた記録、ない?

書きもれはない?

 

などと、項目別に分けて

考えることが大切です。

 

細分化したものを

付箋(メモ紙でもOK)に、

<最終確認リスト>

として以下のように

書き出しておくと良いでしょう。

 

<例>

 

・伝達(患者)

・伝達(スタッフ)

・注射・点滴

・栄養

バイタル

・記録物  などなど

 

で、もっといいのは、あなたが

今日、担当していた部屋を

頭の中でイメージすると、

効果はもっと上がります。

 

患者さんのお部屋・・・

患者さんの身の回りの状況・・・。

ベッドの位置・・・。

 

そう。くまなく、今日、あなたが

いたところをリサーチする感じです。

ぜひ、試してみてくださいね(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』