看護師VS介護福祉士?!

 

看護師VS介護福祉士?!

 

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

今日は、ずっと昔に行っていた

無料相談の 回答を

ご紹介しますね。

 

(現在、無料相談は行って

おりませんのでご了承願います)

 

-----

 

組織には、さまざまな個性をもった

人々が働いています。

 

そのなかには、自分に合う人もいれば、

そうでない人もいることでしょう。

 

自分らしさを保ちながら、

どのように周囲と調和していけばいいのか。

といったテーマで悩む方も少なくありません。

 

今回はペンネーム「まーちゃん」さん

からのご相談です。

 

◇ご相談内容◇

 

私は、デイサービス勤務の看護師です。

1日から臨時職員として勤務し始めた

ばかりです。

 

そこは、35歳から60歳代の職員がいて、

3年~10数年勤務している感じです。

 

「見て覚えて」的な感じで、聞かないと

教えてくれません。

 

幸い、私は、他で、デイ勤務経験があり、

それを評価され就職が決まったのもあり、

そのせいか、何もいわれません。

 

私は、まだ、利用者さんのサマリーさえも

みせてもらってないです。

 

なので、自立歩行可か?

トイレ介助時、付き添いが居るのか?等。

いちいち聞き、確認しています。

 

何より、しんどいのは、介護者同志、

フォローがないことです。

 

60代の方に、冷たくて、自分たちの

好きなようにされています。

 

私は、周りを観察する。。。

くらいしかできません。

 

なぜなら、退職する60代のナースは、

「見て覚える」時代の方なんでしょうね。

 

聞く前に、さっさと済まされていますから。

 

ナースは、パートの30前半の人と、

4カ月前に就職された常勤の方です。

 

この方は、ベテランで、

私とも考え方が似ています。

 

なので、退職されるナースが

いなくなれば、色々改善しよう、

と言ってくれます。

 

介護スタッフのドンがいて。。。

その人の、気分次第、

仕事が回る、ことにも気が付きました。

 

嫌われないよう、持ち上げているのが、

見ていて分かります。

 

私なりに、気をつけていきたいですが、

このタイプ、苦手です。

 

私は、群れるタイプでもありません。

媚びるのも嫌です。

 

今後、仕事がしやすいよう、

また、他人の評価もきになります。

 

どのように、解決したらよいでしょうか。

よろしくお願いします。

 

ちなみに。。。

 

ドンは、職場結婚して、そこには10数年

勤務されてる女性です。

 

男性は少なくて、25、36歳が2人、50歳です。

 

女性は、33歳ナース、介護職、

38歳のドン、39歳、46歳、50歳、

62歳の方です。ご参考まで。。。

 

長くなりました。

いつも、元気をいただいております。

ありがとうございます。

 

◇私からのメッセージ◇

 

まーちゃんさん、

ご相談ありがとうございます。

 

私の文章から、元気をいただいて

いるとのこと。 とても嬉しいです。

ありがとうございます!

 

さて。本題に入らせていただきます。

 

病院においても、もちろんそうですが、

デイサービス、介護老人保健施設

特別養護老人ホームなどの場合は特に、

働く人達の年齢層もとても幅広いのが

1つの特徴と言えるのかも知れませんね。

 

また、看護師と介護士の連携についても、

様々な問題点のある施設もあり、私自身も

介護福祉士さんやヘルパーさんらと

共に働いた経験もあるので、ある程度の

イメージはつきます。

 

スタッフの退職と共に、環境も変化していく。

そんな過渡期に来ていたのかも

知れませんね。

 

そして現在は、「介護スタッフのドン」が

いらっしゃるとのこと・・・。

 

あるスタッフの気分次第で、

仕事の回し方にも差が出てくるのは、

よくあります。

 

何を怒っているのか知らないけれど、

面白くない顔でムッとしている。

 

あるいは、気分で物を言ったり、

時には話しかけても無視をする・・・。

 

そんなスタッフがいて、とてもやりにくかった

経験があります。

 

実は、私自身、残念なことに

「看護師と介護福祉士の関係性」が

良好な職場というのは、あまり聞いたことが

ありません。

(私自身が知らないだけかも知れませんが)

 

大抵、関係性が良くない原因の多くは、

「介護士なんだから、これ位やって当然」

「看護師はこれ位のことすらしてくれない」という、

双方の業務内容についての認識のズレが

生じていることが挙げられます。

 

これは、管理職クラスの人間も含めて、

看護師と介護士の役割の明確化や、

捉え方についての統一と浸透を図る

必要があるのかも知れないとも感じますが、

そもそもが、お互いに「権利ばかりを主張し合う」、

つまり、助け合い、理解をしようとし、

歩み寄るという姿勢が不足していることが

根本的な原因なのかも知れません。

 

ですから、やはりどれだけ同じ職場の

スタッフに敬意を持てるかというところが、

スタートラインになるのかも知れないと、

様々な紛争(?!)を見ていて感じます。

 

確かに、職場には苦手な人は少なからず

いるかとは思います。

 

あるいは、「苦手」を通り越して「大嫌い」な

人もいたかも知れません。

 

しかし、「人は皆、平等で愛すべき兄弟。

そう。人類皆、兄弟!だから、好きになる

努力をして下さい!」というのは簡単ですが、

それが出来たら苦労はしませんよね。

 

ですから、苦手な人は苦手なままでも

良いと思いますし、群れるタイプではないし、

媚びるのも嫌とのことですから、

それでいいのだと思います。

 

 今後、仕事をしやすくするには、

大きく分けてポイントが2つあります。

 

1つは、苦手な人がいて、

群れるタイプでもなく媚びるのも

嫌なまーちゃんさんが、どれだけ

心をフラットにして、周囲と調和していくのか。

 

そして、もう1つは、決して媚びることなく、

相手の良い所を積極的に伝えることができる

のかということだと思います。

 

つまり、「動じない自分」

「人の良い所を認めて、伝えることの

できる自分」をいかに創り上げるかという過程。

 

それを、微調整をも含め、「楽しむ」のです。

 

文面を見る限り、恐らく、まーちゃんさんは

観察眼が鋭く、客観的に周囲の状況を

冷静に見ることのできる方だと思います。

 

ですから、「この人の発言や態度の裏にある、

本当の思いは何だろう?」などと考えることで、

人間理解が今以上に深まるのです。

 

観察眼が鋭いということは、自分の内面を

観察することも、本当は得意なはずです。

 

ですから、自分の周囲に居る人達が、今、

自分の目の前に存在しているのはなぜか、

そして、そこから導き出される「自分の課題は

何か」も、自分なりに気づくことができれば、

解決の糸口も早いような気がしています。

 

「微調整」というのは、「どうやって、感情の振れ

幅を少なくするか」という

バランスのことを指します。

 

具体的にいうと、例えばですが、

「私は人に媚びない」が度を超えると、頑なになり、

周囲からはツンとした態度に見られる人も

少なくはありません。

 

また、「群れるタイプではない」が度を超えると、

ちょっとした仲間の食事会にも、あっさり

「私は行きません」と断る場合も、

なきにしもあらず。ということです。

 

(もちろん、そのような人は、「自分に嘘を

つかない」という意味では問題は

ありません。本人がそれでいいなら、

それでもいいのです)

 

しかし、「自分は何と言われようと、

自分のポリシーを貫きたい」というよりも

「周囲とうまくやっていきたい」の気持ちが

強いのであれば、

 

「私は、群れるタイプじゃないけれど、

群れても群れなくても、どっちでもいいや」、

 

あるいは「媚びるのは嫌だけど、

媚びても媚びなくても、どっちでもいいや」など

というように、白か黒かではなく、あえて、

グレーゾーンをつくることも、場合によっては

必要になってくるのかも知れません。

 

つまり、どこかに「ゆるみ」がないと、

人から何か言われた時に、

過剰に反応して、本来の在りたい自分から

ブレてしまうのです。

 

動じない自分というのは、

人に何を言われても、自分の意志を曲げずに、

貫き通すことではありません。

 

「動じない自分」というのは、

誰かに何かを言われても、

相手の思いを受け入れつつ、

「あなたはそれでOKです。でも、

私はこの方向でいきます。しかし、

もしもそれで、お互いがぶつかり合うことが

あるのならば、ほんの少し、

お互いにとって良い方法を一緒に模索

してみませんか?」

 

そんなイメージです。

 

恐らく、まーちゃんさんは、自分をしっかり

持っているだけではなく、人との和を大切に

する方だと思っています。

 

どんな人が苦手で、

苦手な理由は何か。

 

他人の評価が気になるのは何故なのか。

そして、それはいつからなのか。

 

どういう時に自分が不快に感じ、

どのように普段は考えているのかなどを

日常の中で丁寧に探っていくと、

解決の道も近いのかも知れないと感じます。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』