私、あなたに何回も言ったよね?!・1

私、あなたに何回も言ったよね?!・1


こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。


こちら側の説明不足で相手が

指示通りにできなかったのであれば、


「・・・私もあの時、説明の仕方を

変えればよかったのかな・・・」


などと振り返りもできます。


しかし、何度も何度も言ったにも

関わらず、相手が指示通りに

できないときは、


「ちゃんと何度も言ったのに、

これ以上、私はどうすれば

よかったの?!」


と、いたたまれない状況に

陥ったことのある人も

いることでしょう。


ここで、ある事例を挙げます。


指導者のAさんは、新人のBさんに、

8人分の患者さんの経管栄養を

準備するよう、指示しました。


Aさんは、


「この8人の患者さんの経管栄養の

量は、みんな似ているようだけれど、

微妙に量が違うから気をつけて。


表には「朝・昼・夕」の分量が

それぞれ書かれているけど、

たまに昼の量と夜の量を勘違いする

スタッフもいるから、絶対

間違えないようにしてね。


今日は、これから会議があるから、

ちょっとこの場を離れるけど、

まだ十分に時間に余裕はあるから、

とにかく焦らないでゆっくり

確実にやっていいから。


部屋番号、氏名、経管栄養の量・・・

しっかり見ておいてよ。


後で私、できたかどうか

確認するからね。


もしもわからないことがあれば、

会議室に電話くれてもいいから」


そう言い残して、席を外しました。


会議から一時、戻ってきたAさんは、

Bさんに「できた?」と聞きます。


Bさんは「・・・できました・・・」と

言ったので確認をすると、

7名分は合っていましたが、

1人の患者さんの経管栄養の量が

間違っていたので、

AさんはBさんに激怒しつつも、

怒りをこらえながら、深呼吸をして、

こう言いました。


「あのさぁ・・・。私、あなたに

何回も言いましたよね?

わからないことあったら聞くように。

絶対に間違えないようにって。

私、あんなに説明したのに、

どうして間違うんですか?」


Bさんは、しばらくの沈黙の後、

「・・・すいません・・・」と言いました。


Aさんは、ゆっくりと

噛みしめるように言いました。


「いや。すいませんとか、

そういう言葉、いいですから。

だけど、もし今度、あなたが1人で

準備する時、今回と同じように

間違った量のまま、患者さんに

いってしまったらどうするの?

それでもあなたは同じように

済ませる訳?これが万が一、

薬とか点滴だったらどうするの?!」


その光景をたまたま傍で見ていた

主任がAさんをなだめるように

言いました。


「そんな言い方したら、Bさんだって、

すいませんしか言えなくなるじゃない」


Aさんは言いました。


「主任は黙ってて下さい。私は、

Bさんが間違ってしまわないように、

しっかり覚えて確実にやってもらいたいと

思って言ってるんです!

それの何が悪いんですか?!」


さて。色々と考えられることはありますが、

これが好ましい指導か否かと聞かれると、

やはり好ましいものではないと言えます。


一体、どんなところが

好ましくないのでしょうか。


そして、どのような視点で

考えればよかったのでしょうか。


明日に続きます。

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』