なんで私ばっかり疑われるの?

なんで私ばっかり疑われるの?

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの

坂口です。

 

「私は昔、ダメ新人でした」という文章を、

もはやキャッチフレーズかのように

使っていますが・・・。

 

実は私、看護学校の頃から、

実習先の病棟の看護師や教務から

何かと目をつけられていました。

 

「なんで私ばっかり・・・」って思うことも、

1度や2度ではありません。

 

で、そういう私ですから、 社会人として

働きだしてからも、 まぁ~、とにかく

先輩たちに目をつけられる。

 

みんな同じようにミスをしているのに、

なぜか自分だけが怒られる。

 

それって新人のときだけじゃなく、

2年目以上になっても続いていました。

 

失敗も普通の(?)失敗に加え、

「それはさすがに誰もやらないよね・・・」と、

私だけでなく、周りがドン引きする位の

失敗も、 ある日突然、ドカ~ンと

やってしまうので・・・。

 

だから、私の失敗じゃないのに、

当事者が誰だかわからない

インシデント・アクシデントが起こると、

真っ先に私が疑われてしまう。

 

そんな感じが事あるごとに続くので

「もういい加減にしてよ・・・」と怒ったことも

あります。

 

あなたも、私のように、

「なんで私ばっかり疑われるの?(悲)」 と、

思うことはないですか?

 

もしも、疑われるという場合、

そのほとんどは周りの「先入観」が原因です。

 

確かに何度も失敗する人って、

「・・・あの人ならやりかねないかも・・・」と

思われても、仕方がないのかもしれません。

 

でもね、今思えば。なんですけれど、

疑われているときって、

ちょっと『気持ちよかった』です(笑)

 

え゛!!!なに?!

坂口さん! 怖っっ!・・・って

思いました?(笑)

 

私もこのブログを書きながら

気づいてしまったんです・・・。

 

どうして気持ちよかったかというと、

そういう時は超自信を持って(←ここ大事)

 

「やってません!!!」

 

って、言えたから。

 

何をするにも自信がなくて、

どんどん周りから認められて、

仲間として受け入れられていく

同期を横目に劣等感を持ち続けていた私。

 

誰かがミスをしたら

 

「・・・それって私、どっかの

勤務帯で自分も関わってたりして・・・」と、

心の中でいつもビクビクしていた私。

 

そんな私が唯一、一点の曇りもなく

 

「私じゃないですってば!!!」

 

って、きっぱりと断言できる

貴重な機会だったよなぁ・・・

と思うんです。

 

「この前、まーた、あたしが

疑われちゃってさぁ。

もうむかつくよね~!

 

あれだけミスばかりしてたから、

疑われるのはしょうがないけどさぁ。

 

・・・でも、『やってない』っつうのね!」

 

などと、飲み会とかで言うときの

気持ちよさったらなかったなって、

今頃思い出しました。

 

何かにつけ、最初に疑われていた

私だから言いますが、

 

「あなたが疑われるのはさぁ~。

もうしゃーない」

 

(泥酔しながら、あなたの肩を

ポンポンとたたいているの図)

 

でも、たとえ疑われていたとしても、

あなたがやっていないなら、

それが「事実」です。

 

事実は憶測よりも強し。

覚えておいてくださいね(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』