いつだって重要なのは「総監督」の位置

いつだって重要なのは「総監督」の位置

 

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

以前、とある企画から

このようなメッセージをいただきました☆

 

-----

 

坂口さんのメールを読んで

私自身に置き換えるようにしてから、

素直な気持ちになっているのが

とても心地よいです。

 

押し付けがなく、失敗例もとても

想像しやすい。

 

空想好きの私は、毎回あるある!とか

解るわ~とか一人で共感しています。

 

職場で失敗するとこの世の終わり、

位に落ち込んでいましたが、

今はその落ち込みを感じても

なんとか引きずらない、

自分を客観的に見てみようとしています。

 

今まで勝手にさまよっていた気持ちに

気づきやすくなり掴みやすくなりました。

 

後自分は自分とよびかけることで

感情に巻き込まれないようにしています。

 

-------

 

とっても嬉しいです!

ありがとうございます!

 

確かに私、セッションでは 「ご提案」は

しますけれど、 押しつけがましさに

かんしては ・・・う~ん・・・

 

ほとんどないですね。

 

クライアントさまが納得できないものを

提供しても、実際に苦しい課題ですと

あとが続かないものですから(^-^;)

 

無理のない範囲でご提案を

させていただいてます。

 

昔は、一緒に働く職員には「私が

絶対においしい!」と思った飲み物や

食べ物は人にあげてた傾向にあります。

 

「ほれ。このジュース、おいしいから

飲んでみ(嬉)」みたいな感じで(笑)

 

このような場合は完全に

押し付けます(笑)

 

セッションで押しつけは・・・

うーん・・・ないとは思いますがね^^

 

話が広がり過ぎてしまいました(汗)

 

それにしても、自分を客観的に見ることって、

すごく大事です。

 

「客観的」というのは、

「ああ・・・失敗した・・・もう終わりだ・・・」 と、

思っている「あなた」を見ている

別の「あなた」に意識を持っていくと いうこと。

 

「もうイヤだ!!私なんて何をやっても

ダメなの!!」と、 どっぷり感情に浸かる

「あなた」を演じるのではなく、

そんな「あなた」のことを見ている

某総監督のように

 

「お~。始まった始まった。

ダメな私に陥るパターン」

 

「ダメだと本気で思っているらしいよ

この人は・・・」と、 ジタバタしている

「あなた」を眺めている位置に立つことって

非常に大事なことなんですね。

 

客観的に冷静な位置に自分を置くことで

見えてくるもの、たくさんありますよ^^

 

それによって、やみくもに不安に陥る

回数は少なくなります。

 

ぜひぜひ、試してみてくださいね(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』