このままでは患者さんに暴力を振るってしまいそうで怖いです。

 

このままでは患者さんに暴力を振るってしまいそうで怖いです。

 

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

仕事をしているときに、

患者さんに対して暴言を吐いたり。

 

暴力を振るってしまいそうな自分に

愕然とした経験はないでしょうか。

 

看護師に暴言や暴力をふるう患者さん。

 

こちらの指示がまったく入らず、

危険行動をする患者さん。

 

意味不明な言動を繰り返し、

他患に迷惑行為をするような患者さん。

 

そんな患者さんたちのことを

 

「殴ってやりたい」

「叩いてやりたい」

「殺してやりたい」

 

と思わず思ってしまい。

 

あとになって、

 

「こんなこと、思っちゃうなんて、

人としてどうなんだ・・・」とか。

 

「あたし・・・看護師失格だよね・・・」

 

と思い、激しく落ちこみながら岐路に

つく日々。

 

「看護師は人に優しく接する職業なのに・・・」

 

「いまの私の理想からはほど遠い・・・」

 

誰かに自分の思いを正直に言ったら。

 

「あなた、それでも看護師なんだよね?!」

と言われそうで怖い。

 

「っていうか、ダメじゃん。

そんなこと 思ってるんじゃ・・・

患者さんのためにも、

看護師辞めた方がいいんじゃない?」

 

とたしなめられたり、呆れられたりした

経験もある・・・。

 

あなたも一度は、

そんな経験をしたこと、

ないですか?

 

まず、批判覚悟。

だけれど、決して

覆すことのない私の持論。

 

今からお伝えしますね。

 

患者さんのことを

 

「殴りたい」 「叩きたい」 「殺したい」

 

などなどの言葉が浮かんでしまう

こと自体、なーんの問題もないです^^

 

それよりも、

 

「ひどいことを思ってしまった自分」 ではなく、

「ひどいことを思ったけど、

実際に 暴力・暴言をしなかった事実」

 

に目を向けてあげて欲しいんです。

 

世間の目は当然、「看護師というものは・・・」

という「社会通念」で看護師という職業を

見ています。

 

「看護師は患者に優しくしなければ

ならない」という、「常識」があるがゆえ、

 

その道から外れるようなことをする看護師は

たちまち、不特定多数の人々から、

「言葉」という武器で、罵られます。

 

「看護師が患者の悪口をいうなんて、

とんでもない」

 

「ましてや暴言・暴力など、

言語道断!」

 

「看護師失格だ!」

 

みたいに、社会は糾弾するでしょう。

 

でもね。覚えておいてほしいのは。

 

「思考で何を考えようが自由」なんです。

 

思考で考えるのと、行動に移すことは、

別ですよね^^

 

あんなに患者さんに怒りがわいてきて、

あやうく暴力を奮いそうになったけど。

 

それを自分の力で止めることができた。

それって、当たり前のようで、

当たり前じゃないんですよ。

 

すごいことなんです。

 

世の中で犯罪を犯す職業に多いのは、

聖職者、警官、教師、看護師であると

言われているような、いないような。

 

で、これが本当なのだとしたならば、

これらの職業の方にはある共通点が

あります。

 

それは、「常識」「規律」「モラル」

「道徳」などで、さまざまな制限を

かけられちゃっているから。

 

「あれもしちゃダメ」

「こんなことも思ってはいけない」

「絶対に守らなければならない」

 

・・・そうやって、無意識に

抑圧がかかることで、 ある日、バーン!と心が壊れ、

殺人事件が起こったりしていますよね。

 

つまり、抑圧が強ければ強いほど、

その反動も激しい。

 

この仕組みからいくと、

「患者さんに対して、

そんなこと思っちゃダメ」

 

「暴言なんて言っちゃダメ」と

 

強く思い込んでいる人は、

同じように、ある日 「バーン」とはじけてしまう。

 

つまり、モラルによる心の弾圧が、

悲惨な現実を招くことって、 多々あるんです。

 

暴力を防止するつもりで、 抑制してきたのに、

結局、暴力が起こってしまった・・・ という

結末になりやすいケース。 ですね。

 

だからね。 殴りたい、叩きたい、殺したい・・・。

 

思っていいですよ。

 

そしてね。 患者さんに対してヒドイことを

思ってしまう自分。 ではなく。

 

頭に血が昇るくらい、腹が立っても、

実際には殴らずに済むことのできた

自分をちゃんと見てあげて欲しいんです。

 

実際の行動に出てしまう人は、

どこにも感情を出すところがなくて、

一人で抱えて抱えて、

苦しんで苦しんでしまっている人、 多いです。

 

社会でも言論弾圧みたいな暗黙の

空気が流れているなか。

 

自分の気持ちにさえも、抑圧を していると、

逃げ道がなくなってしまう。

 

事件を起こしてしまう人は、 多分、

社会の規定を遵守すると 同時に。

 

自分に対しても、「あれはダメ」 「これはダメ」と

制限をかけてきた 「結果」だと思っています。

(すべてではないけどね)

 

だから一人で自分を責めて、

孤独にならないでくださいね^^

 

楽しく積み重ねていきたい方、お待ちしています(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』