存在意義と存在価値

 

 

 

存在意義と存在価値

 

 

 

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

9月は、祖父と祖母の命日がある月です。

 

たまたま2012年に私が書いた記事が

「Face Bookでの過去の思い出」として

アップされており。

 

そうか。こんな記事も書いていたな・・・と

思い出しましたので、シェアしますね。

 

----------

2012年9月18日

 

先日、祖母が急逝し、早2週間が

経過しました。

 

当然のことかも知れませんが、まだ、

現実味に乏しく、病院に行けば、

祖母は居る。

 

そんな風にも感じます。

 

私は、子供の頃から、祖母と過ごした

時間は長かったのですが、ほとんど、

叱られた経験がありません。

 

とはいっても、「~すると危ないから

やめなさい」とか、「風邪ひくから、

ちゃんと着なさい」などという注意は

確かによく、受けてはいましたが・・・。

 

そんな私が先日、親戚との会話のやり取りで、

初めて気づいたことがありました。

 

もしかしたら、私が覚えていないだけ

なのかも知れませんが、私は祖母から、

「何かを教わった記憶」がないのです。

 

私がここで言う「教わる」の定義は、

例えば・・・。

 

看護学校時代に大失恋をした私に、

母が「あんたね。一度逃げた男を追う

のは止めなさい」と言った

「格言めいたもの」とか(爆)

 

あるいは、心に残る「深イイ名言」とか。

 

あるいは、生き様そのもの。とか。

 

哀愁漂う背中から、

人生の憂いを感じ取る。とか・・・。

 

でも、こうして、あれこれと考えた時に。

 

祖母から何を教わったのか、

何一つ思い出せない自分が居たとき。

 

「あれー?!私、ばーちゃんから

何も教わった記憶がない・・・」と

気づいた瞬間。

 

改めて私は、「ばーちゃんって、

凄すぎる」と思いました。

 

これからお話することに、賛否両論は

あると思いますが、私の考えとしては、

「人が生きる上での存在意義、存在価値」は、

あってもいいし、なくてもいいと思っています。

 

確かに、気持ちが落ち込めば、

「私の存在意義って何だろう・・・」

「私には、生きる価値すらない」

と思うこともあります。

 

でも、存在意義や存在価値なんて、

所詮、自分や他人が思う「一つの物差し」に

過ぎず、そこに真実などないと個人的には

思っています。

 

人は、自分の存在意義や存在価値を

何らかの形で証明したくて、

何かに「なろう」としたり。

 

誰かと比べて、優越感に浸ろうとしたり。

何かの証を残したいと、資格を取ってみたり、

何かで1位を狙ってみたり。

 

時には躍起になって認められようと

必死になり。

 

他人からの評価で、自分の存在意義や

存在価値を見出そうとする。

 

もちろん、これらのことが

悪いといっている訳ではありません。

 

でも、私が、「私、ばーちゃんから

何も教えてもらっていなーい!」と

思った瞬間。

 

ただ、そこに、「あなたが居た」。

 

それ以上でも以下でもなく、

それが全てだった。

 

ただただ。

 

笑うあなたがいた。

 

泣いているあなたがいた。

 

怒っているあなたがいた。

 

どんな、あなたであっても、

「あなたがそこに存在していた」。

 

そのことを敢えて言語化せずに、

ただただ、感じるだけで。

 

私の心の奥深くに、じんわりと何かが

染み入り。

 

そして、小さく震えている。

 

大好きな家族も。

 

友人達も。

 

そして仲間達も。

 

ただ、「在る」。

 

そのことを、ただただ、感じたとき。

 

「愛おしい」とか、「大好き」とか、

「嬉しい」とか、そんな言語すら

超越したものを再び最近は、味わい、

そして噛み締めています。

 

そして、私はまるで降参したかのように、

心の中で祖母に呟くのです。

 

「ばーちゃん。存在意義とか、

存在価値なんて、そんなもの、

やっぱり、どーでも良かったんだわ(笑)」と。

 

 

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』