看護師さんの海外留学について思うこと

看護師さんの海外留学について思うこと


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


近年、ある程度地元の病院で

看護師として働いた後、

海外留学をしたいと考えている

クライアントさんとセッションをすることが

増えてきました。


看護師としての働き方にはさまざまな

選択肢がありますしね・・・。


それにしても、海外留学・・・。

いい響きですね(あれ。私だけ?)


海外留学を希望されるクライアントさんには、

いくつかの質問をすることがあります。


1)日本を離れて、海外に行きたいと

思った理由は何ですか?


2)海外留学終了後、具体的に

何をしたいのですか?


などのような質問。


もちろん、その段階で、

動機があいまいだとしても

別に問題があるわけではありません。


「よくわからないけれど、

でも、行ってみたいんです!」


という純粋な動機の方が、

自分のこころの声にしたがっていること

でもあるのでしょうから(^-^)


ただ1つ、

「ちょっと消極的な動機だなぁ・・・(^-^;)」

と思うことがあります。


たとえば、

「新しい地でいろいろな刺激を受けたい!」

という気持ちは、もちろん伝わってくるのですが、

よくよく聞くと、今の職場から逃れるための

手段という動機の方が大きいのかも・・・。

と思う方もちらほら・・・。


「あー。なんかもう、今の職場めんどくせえ

からさぁ。海外留学とかしちゃえば

箔がつくしかっこいいじゃん」みたいな動機。

とかね。


もちろん、それはそれでいいんです。

まずは留学してみてから、

海外で暮らしながら様々な可能性を探したって

遅くはない。


しかも、異国の地では医療についても

驚くほどの違いがあったりしますしね。


ですが、もしも、これを読んでいるあなたが、

いずれ海外留学を考えていたとして。


「とりあえず、いろいろな視野が広がると思うし、

人生の勉強にもなるし」という動機以外に。


「とりあえず、今の職場から逃げられるし」

というような思いの方が強いのであれば。


「強い」というのは感覚的に

「逃げたい>>>>>留学したい」的な感じです。


もう少し、ご自身の「動機」の深堀りをしてみると

良いかもしれません。


「必ず学べることはあるんだから、

帰国後に考えるさ~」という気持ちの場合。


「たくさん学んだし、経験もしたけど、

その経験をどうやって次のステージに

生かせばいいのかわからない・・・」


といった悩みが出てくる可能性が

ないとは言い切れませんしね。


「留学した後に私は何をしたいの?」という

「be」ではなく「do」レベルの行動にまで

落とし込むくらいの先を見越した考え方を

していた方がいいのかもしれません。


もともとの動機が「逃げ」だと、

「ほんとにそれで、納得できる展開

になるのかなぁ?」なんて余計な心配を

してしまいます(^-^;)


海外留学に関する雑感でした。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』