失敗の反省や振り返りってどうやってするの?

失敗の反省や振り返りってどうやってするの?


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


あなたは、自分が失敗したとき、

どのように振り返りをしていますか?


よくある振り返りの仕方って、


1)失敗してしまった     



2)なんでこうなっちゃったんだろう・・・。

もうやだ・・・。仕事辞めたい・・・。と、自分を責める



3)今度から失敗しないように気をつけよう・・・。


なんですけど、2)と3)の過程はぶっちゃけ、不要です^^


実は、


1)失敗してしまった     



2)次から具体的にどうする?


この2つで十分なんです。


「なんでこうなっちゃったんだろう・・・」 という

自分への質問の仕方は、

してはいけないわけじゃないですけど、

建設的な考えは浮かびにくいです。


なぜなら「過去にはもう戻れない」から。


「なんでこうなった?」は、

過去に意識が向いている状態の

質問なんです。


だから、いつだって反省や振り返りを

するときは


「・・・で?自分、どうする?」でいいですよ^^


この質問の仕方は、未来に向けての

質問ですから、「どうして・・・?」より

「・・・どうする?」の方が、

脳科学的にも答えが出やすいらしいです。


でも、最初のころは、「じゃあ、どうする?」って

考えても、「これだ!」という方法が

すぐに浮かぶわけではありません。


むしろ、「・・・わからない・・・」という答えの方が

多いのかもしれません。


でも、こういうものは習慣づけが大切です。


最初はできなくても、繰り返しやってみると

そのうち、「なんか、いい感じ」という感触が

つかめてきます。


特に経験の少ない新人さんだと、

対処方法に関してはストックが少ないので、

考えても浮かばないことが多いかもしれない。


そんなときは、先輩からお知恵を拝借しても

いいし、同期や親しい仲間にも


「あなただったら、こういうとき、どうする?」


などと聞いていく中で、 思ってもいないような

イデアが浮かぶことがあります。


もしも、あなたが起こした失敗に対し、

「じゃあ、どうする?」と考えたときには、

過去の記憶に戻らなければならない場合も

あるのですが。


気をつけた方が良いのは、

いつまでも過去の世界に意識を戻し続けて、

すっぽりとハマらないようにすること。です。


要するに、過去の記憶を振り返り、

後悔ばかりの気持ちしか浮かばない場合。


これは、あなた自身が気づいて、

意識を「過去」から「いま」に戻してあげる

必要があります。


振り返りは、後悔をするためにするのではなく、

これから先の未来に向けて、同じことを

繰り返さないために、どうすればいいのか?を

考えるためのものなのです。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』