ブランクがありながらも再就職したのはいいけれど・・・

ブランクがありながらも再就職したのはいいけれど・・・


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


結婚や出産ももちろんそうなんですが、

さまざまな事情で次の職場で働くまで、

ブランクがある女性も少なくありません。


たくさんの不安がありながらも、

意を決して新しい環境に飛び込んだ。


その事実だけでも、

私はあなたに敬意を持ちます。


働き始めた新しい職場の人間関係や

教育のシステムが整っているところなら

いいのですが・・・。


全く、その逆だと非常につらく

感じることがありますよね。


でも、たくさんの不安がありながらも、

まず、就職を決意したということ。


「本当に本当によく頑張りましたよね!!」

「チャレンジしましたよね!」と思います。


もしも、あなたが目の前にいたら、

私からキョーレツな「ハグ」

(・・・あ。いらないですよね(^-^;))

をしたいくらい・・・。


しかし、実際にふたを開けてみると、


・自分が思っている以上に

知識や技術を忘れていた


・医療器具の進歩が目覚ましく、

見たことのない器具がたくさんあった


・「経験者なんだから、これくらいのこと

はできるよね?」という先輩の直接の発言

あるいは暗黙の了解 ・・・


そんななか、今の医療について

いけない(涙)と、ご自身を情けなく

感じることもあるのではないでしょうか。


もしかしたら、

「これって、できるよね?」という前提で

声をかけてくる先輩に十分な指導を

してもらえず。


おっかなびっくりで不安ながらに

やってみたら、案の定うまくいかなかった。



「・・・あの人、ほんとに経験者なの?

前の病院で何をやってきたの?」 などと、

陰でコソコソと言われているのではないか・・・。


と、考え、毎日、気が気ではない

日々を送っているのかもしれません。


私自身は、むしろ、最初こそ

「思いっきりバカ」だと思われるくらいの

看護師を演じ切っても良いのではないかと。


実際、私より年上の後輩は、

徹底して「わかりませ~ん」を貫き、

みんなからは「できない看護師」として

一目置かれていましたが、

そんなことはどこ吹く風。


彼女が退職し、別の病院に行った後、

すぐに外科の師長に就任したという

事実を聞き。


「さっすが。やるな~。○○さん」と思った

経験もあります。


わからないことや、不安なことを

口にするのに抵抗があるのなら、


「一応、確認なんですが、これって、

こういう風に使うという認識で

合ってますか?」


という聞き方をするのも一つの方法です。


自分がどこまでできて、どこから

できないのかをはっきりと伝達することは、

とても大切です。


何度も書きますが


「見たことがないのでわかりません」


「やったことがないのでできません」


では、ぶっちゃけ、心象が良くないのです。


新しい医療機器に携わるときは、


「うわ~。今って、こんなに便利な

機器になってるんですね~。

以前とは全く使い方が違うので、

自分なりに使い方を勉強させて

もらってもいいですか?」


などと、積極的に器械に触ってみる。


そういう風に「わかること、わからないこと」

「できること、できないこと」をあなたの中で

はっきりと分けて聞くことは、

ほんとに大切です。


「多分・・・これで・・・いいんだよね・・・」

でやると、ミスにつながります。


それ以外にも大切なポイントは、

「できるだけスタッフと仲良くなる」こと。


・・・意外ですか?(^w^)


なかよしこよしになる必要は

ありませんが、ちょっとした雑談の中で

お互いに親近感がわくと、

理不尽にとがめられることが

少なくなります。


「んも~。あんた、何年めさ~」などと、

お母さんのような立場の看護師が、

わからない所を教えてくれることが

たくさんあります。


ポイントは


1)何がわからないのかをはっきりとさせて聞く


2)スタッフの信頼関係構築に努める。


とっても大事なことですよ~。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』