泣いちゃダメなんて思っちゃダメ

泣いちゃダメなんて思っちゃダメ
 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの

坂口です。


今回、珍し く、私にして強気のタイトル(笑)


泣いたって解決しない。

泣くのは弱いこと。


そんな風に思う人って、

男性に多いのかな・・・なんて思っていましたが。


泣くことに対し、なんとなくネガティブな

イメージを持っていて、あえて泣かない

ようにしている方も少なくないように思います。


あなたはどうですか?


最近、ちゃんと、泣いていますか?


あまりにも苦しかったり悲しかったりすると、

自分の感情すらもわからなくなって

涙すら出ないこともあるのですが・・・。


ただ、最近、思うのは、もしもあなたがいま、

とてもとてもつらくて苦しい。

だけど、涙が出ない。


あるいは、ホントは泣きたいけど

泣く場所がない・・・という状況ならば。


多少、ムリをしてでも泣いてほしいし、

泣く場所を探して欲しいんです。


私がこれまでつらくて苦しくて悲しくて

流してきた涙は。


今、思えば、私が涙もろいからとか、

心が弱いからとかではない。


私が涙を流すのは、自分が前に進むため。


そんな風に思うようになりました。


いくら泣くのは恥ずかしいと思ったとしても、

あるいは、あなたなりにいろんな理由があって、

泣くことに抵抗があったとしても。


やはり、前に進むためにも、

泣くときにはちゃんと泣いてほしい。


そう、思います。


人間はどれだけ悲しくともつらくとも24時間、

泣き続けることはできません。


もちろん、毎日毎日涙が出てくることはありますし、

1日のなかでも、やっと泣き止んだと思ったら、

また涙が出てくる・・・。


そんなときもあります。


涙を流している間、いろいろな思いが

湧き出てきたり、絶望感に打ちひしがれたり、

自分のネガティブさに対する呆れだったり・・・。


まあ、いろいろな思いでいっぱいいっぱいになり、

胸の奥がしびれたり、苦しくなったりもします。


どれだけ泣いたところで解決しないどころか、

これからもっともっと覚悟を決めなければ

ならないことの苦しさや怖さにますます

泣けることもあります。


だけど、涙を流してはじめて、

浮き彫りになる思いもあり。


その思いをみなかったことにしようとか、

否定したりせず、ただただ、心のなかに

むき出しの状態で、敢えて震わせたままに

しておくことによって。


何だか少しずつでも、

何かが浄化されていくような気もするのです。


泣いても解決しないから泣かないのではなく、

泣くことでしか感じられないあなただけの思いを、

ただただ感じてあげる。


だから前に進むことができる。


泣くことの意義って、そういうところに

あるのだなと感じるのです。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』