その問題は、本当に問題ですか?

その問題は、本当に問題ですか?


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

何かを改善あるいは改革をする場合、

問題意識を持つことは 大切ですが、

度が過ぎると、問題を探すことが

目的になってしまうことがあります。

 

私の転職先にいた先輩は、

さまざまなことを問題視していましたが、

私にとっては、「それの何が問題なのか?」が

さっぱりわからず、


「え゛?それの何に問題を感じているのですか?」

と聞くと、「だって、ヤバいでしょ~!逆に、

どうして問題に感じないの?!」と言いながら

延々と語るのを見たとき。

 

問題を、どのくらい問題と捉えるかは、

本当に主観に過ぎないのだなぁ。

と思ったことがあります。

 

いずれにしても、自分や、自分の周囲に

たくさん、問題があると感じる場合、


「知らない間に問題点探しをすることに

焦点を当てていないか」に気づく必要があります。

 

そして、「その問題は、本当に重要なことなの?」と、

自分に聞く必要があります。


問題があることに囚われると、

それを解決しようと必死になり、

解決策が見つからずに途方に暮れたりもします。


しかし、それ以前に「本当に、それって問題?」と

聞くと、「いや・・・。そうでもない・・・」と、私自身も

我に返ることがあります。


 

ですから、とめどもなく問題が

浮かび上がってくる自分がいるときは、

「それって、本当に問題?」

「それの何が問題?」

と聴いてみると良いでしょう。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』