本当は看護師になりたくなかった・・・

本当は看護師になりたくなかった・・・


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


まぁ、ふつーに考えれば、

看護師国家試験を受けるのは

「看護師になりたいから」

なんでしょうけど、


実は、看護師をやりたくない。


しかし、何だかんだで国試もうかった。

奨学金ももらっている・・・。

確かにやるしかないのもわかってる・・・。


だけど・・・と、いろいろ考えてしまう・・・


なのに、いよいよ、

4月が始まってしまった・・・。


そんな方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。


これまで実習先でも、

看護師さんや看護師の仕事を

見ていると、 いろいろなことが原因で、

看護師の印象がよくないせいか、

あまり気が進まない・・・。


そういう思いを持ちながら、

新スタートを切ってしまうと、

心がどよーんとなってしまいますよね。


確かに、これまで看護師の、

そして看護師としての仕事に

関わってきてイメージがあまり良くないと

不安になるのは無理もないです。


新人看護師さんが抱きやすい悩みの多くは、

人間関係はもちろんなんですが、

失敗に対しての怖さ、責任の重さ、

もしかしたら誰かを殺してしまうん

じゃないかなどなど・・・。


正直、ある程度、実習で

見たことや経験をしたことは

あるけれど、自分が主体となって、

やったことのない経験をやることになると

非常に不安になりますよね。


だから、「看護師をやりたくない」っていう

気持ちも最もなんです。


経験する前はあくまでも「経験する前」の

数々の体験をもとに


「看護師って・・・ねぇ・・・?」


というイメージを持つのは当然のことですし。


もちろん今の段階で、「やっぱり看護師を

やりたくない」という思いが湧き上がること

もありますが、


「うん・・・。ほんとに嫌だけど、

やらざるを得ないからやってみる・・・」


という選択肢をしたのであれば。


4月から新人さんとして働くことは

新しい風(考え方)を吹き込む

絶好のチャンスだったりするんです。


「ほら・・・私が働く前に思っていた

通りの仕事だったじゃんか・・・」


と思うかもしれないし。


「あれ?思っていたよりも

なんかちょっといい感じ?・・・かも」


に変わることだってあるかもしれない。


人生の目的は「体験すること」ですから、

「そういう体験、とりあえず、してみっか~」と、

ラクな気持ちで臨んでみるのもいいですよね。


逆に、あんまり気合が入り過ぎると、

リアリティショックに愕然とする方も

いますので、 その分、テンションが低いと、

冷静に体験できるという強みはあります。


「乗り越える!」ではなく

「・・・ちょっとどんなものか覗いてみるか・・・」

の姿勢で全然OKだと思いますよ。


まずは1歩。


「えー。嫌だよ~もう~」と

思いながらも踏み入れる。


そのことが、新しい世界の扉を

開くことになるのです。


新しい世界の扉を開いたら、

びっくりするほどいろんな経験が

待ち構えています。


多分、それまで悩んでいたことが、

全部ぶっとぶくらいの体験を

することでしょう。


意外と楽しいかもしれない。


心配し過ぎた分、思っていたより、

いい感じかもしれない。


だけど、思っていた以上に

大変かもしれない。


つらいかもしれない。

でも、大丈夫。

 

そんな時は私があなたの力になりますのでご安心くださいね^^

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』