こんなにラクになれるなら、もっと早く申し込みをすれば良かった・・・

こんなにラクになれるなら、もっと早く申し込みをすれば良かった・・・


こんばんは。坂口です。


最近、セッションのお申し込みが

立て続けにあり、毎日のように

セッションを行っています。


新人さんもいれば、2年目以上の

看護師さんからのお申込みだったり、

ずっと、継続でセッションを受けて

くださる方も増えてきています。


ありがたいことです。


それで、私が行うセッションの

ご感想で最近、共通しているのが、


1)けっこう前から、私(坂口)の存在を

ブログorメルマガで知っていた。


2)クライアントさんは、それぞれの理由で、

セッションに申し込みをするかしないか

迷っていた


3)申し込みをして、実際に、坂口と話を

した結果、


「いま、笑顔になっている自分がいます(^-^)」


「本当に・・・気持ちがラクになりました」


「(坂口の言葉は)、私がまさに、

誰かに言ってもらいたかった言葉のように

思います」


「自分が何をしたらいいのかが

わかって良かったです」


「もっと、このまま、話を聴き続け

てほしい。まだまだ話し足りないです(笑)」


などなどの嬉しいご感想を

いただきました。


4)結果、


「こんなにラクになれるなら、

もっと早く申し込んでおけば良かった」


という結論に至ったクライアントさんが

多かったです。


人間は、自分一人で抱えていると、

うまく言えないのですが、


「ほんっとに、おかしな方向」 へと

いってしまいかねない。 と、

私自身の経験から、痛切に感じます。


無理やり、「おかしな方向」を

別の言葉に言い換えるとしたら、


「本来の自分から遠回りする生き方」

とでもいいましょうか・・・。


私自身も、


「ああ。思いつめて精神が崩壊する

ギリギリの状態って、こういうことなんだ」


と身を持って経験したことがあります。


そのときに再度、はっきりと確信したのは、



人は出来事や状況そのもので潰れてしまう

のではない。


「自分の思考で自分を潰してしまうのだ」


ということ。


これまで、自分一人で抱えたり、

解決していくことが、「良いこと」というか、

それがどこかで「当たり前」的な考え方を

してきた方も多いかと思います。


あなたはどうですか?^^


でも、もう、そういう考え方は

「古い」のだということを、

多くのクライアントさんのご感想を

聞くたび、痛切に感じます。


大人になればなるほど、一人で

抱えようとする人って、多いと思うんです。


だけど、そうやって、一人で抱えて

つらくて、でも、それでも抱え続けて

潰れていく人を私はたくさん知っています。


だけど、こうやって、クライアントさんが

セッションで、私にご自身の思いを

話してくださることで、


こんなに喜んでいただけると、

やっぱりね。

改めて思うわけですよ。


もっと、多くの方が、セッションを

受けてくれればいいのに。 って。


いや、もうホントにね。


すごい本心です。


もう、「自分一人で何とか頑張ろう」なんて、

そんなこと言ってる場合じゃないんだってね。


それでなくても私たちは、日々、仕事でも

そうだし、人生において、次から次へと

消化しきれないほど、たくさんの出来事が

起こるわけです。


自分の精神状態などおかまいなしに。


もう、乗り越えるだけで一杯一杯の

状態なのにね。


それに加えて、自分の心の状態ですら、

自分で何とかしようとするなんて、

どこかに無理があるんです。


やっぱり。


だからこそ、「セッションの場」というのを

積極的に使っていただきたいな。

と思うんですね。


働くということ。


それだけでなく、「生きる」ことは、

長期戦です。


たくさんたくさん、やることがあります。


業務を覚える、こなす。もそうだし、

勉強だってある。


インシデント・アクシデントを

起こさないように気をつけたり、

日々、確認作業をしたり。


だけど、人生は当然のことながら、

仕事だけではありません。


プライベートだって楽しむ必要があるし、

なにより、あなた自身が、このいろんな

状況を乗り越えるためには、


れができるようになるための

「心のあり方」だったり、

「物の見方」だったりの土台を

地道に作っていく必要があります。


土台がないと、考えがグルグル

し続けます。


ネガティブループというやつです。


正確に言うと、土台があっても

グルグルするにはするのですが、

土台があった方が、そこから抜け出し

やすくなるんですね。


とにかく、何でもかんでもネガティブに

考えてしまうと、人は元気なんてなくなるし、


「このまま、自分がこの職場に

いていいのか」とか、


「もっと頑張らないと」と焦ったり。


「看護師、向いていないよね・・・」

とへこんだまま立ち直れなかったり。


そして、焦っているのに空回りして全然、

何も進まないし、どうしたらいいのか

わからないといった状況になるのです。


もしも今、あなたががそういう状況であれば。


はやく、その状況から抜け出してくださいね^^


(ちなみに、4月から、新人さん・2年目以上

の看護師さんのセッションは値上げの予定です)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』