あなたの部下が、あなたに意見を言わない理由

あなたの部下が、あなたに意見を言わない理由


こんばんは。坂口です。


スタッフに指導をしていると、


「どうやら、後輩に 何かを一方的に

教えるよりは、後輩の意見や思いを

確認しながら、共に仕事をしていく方

が効果的だ」


と、何となく気が付き始めている方も

いらっしゃるのかも知れません。

 

そして、さっそく、何とか後輩達から

意見を引き出そうと


「何でも言いたいことがあったら、

遠慮しないで言ってね(^-^)」


とか。

 

「新人さんも、私たちにとっては

大切なスタッフの一員だしさ!仲間だもん♪

だから、オープンに話そうよ!」


とか。

 

「○○の件についてはどう思う?」と、

にっこり笑顔でフレンドリーに聞いても。


新人や後輩スタッフらは、何も言わない

というケースがあります。

 

「・・・どうして?こんなに私、

相手に威圧感を与えないように、

笑顔でフレンドリーに接しているのに・・・?」


と困惑した経験はないでしょうか。


 

新人や後輩達が意見を言わない理由は、

本当に様々なものがあります。


今回は、その中の理由の1つとして、

後輩達の心の声を拾ってみました。


(※フィクションです)

 

「・・・あんたはそうやって、

ニコニコしてフレンドリーな感じを

アピールしてるけどさ。

 

勇気を出して意見をしたところで、

その度にあんたは一方的に

持論を話して、私の話は却下するだろーよ。

 

いくら自分の意見を言ったって

「それは違うと思う」なんて、

毎回言われたら、話す気もなくなるんだよね。

 

話をしたって、どうせ取り入れられない

意見なら言ったって意味ねーし。

 

全然、話し合いの意味もねーし。

 

どうせ、あんたは自分の思い通りに

したいんだろうから、最初から勝手に

決めればいいんだって。

 

いかにも、「私は新人や後輩さんの

ことを尊重します」的な態度出してる

フリして、結局は否定する位なら、

最初からあんたの思う通りにすればいいのに」

 

・・・・・あなたは、新人や後輩の意見を、

どの位、尊重していますか?

 

自分と相手との意見が違ったとき。


 

どのように折り合いをつけていますか?

 

時には、「相手の意見を聞く姿勢は示すけれど、

結果的には全て否定している結果」に

なっていないかどうか。


 

どう考えても、相手の意見を取り入れる

ことが出来ないときに、どのような言葉がけを

すればいいのか。

 

この機会に振り返ってみるのも、

いいのかも知れません。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』