私が挨拶しているのにどうして挨拶しないの?!

私が挨拶しているのにどうして挨拶しないの?!


こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


こちらがいくら挨拶をしても、

無視する人っていますよね(笑)

 

例えば、自分が誰かと夢中で

喋っているときに、誰かに

挨拶されて思わず挨拶しそびれたり。



なにかに集中しているときに

小声で挨拶をされて、

本人がいなくなってから


「ん?・・・今のはもしかして

挨拶だったのか??」などという、

タイミングのずれ。は、お互いに

あるとは思いますが。

 

 

今回は、「はっきりと相手に

聞こえるように大きな声で

挨拶しても無視する人」について、

どのように捉えたらいいのか。について、

書きます。

 


私は基本的に「社会人としての礼儀」を、

とても重視するタイプです。

 


そして、こちらが挨拶しているのに、

無視する人の気持ちがまったく

理解できません。


 

何があったのか知らないけれど、

朝からムッとした顔をして口もきかず、

挨拶をしても完全無視。


 

そういう人に正直、「イラッ」っとする

自分がいます。


 

「人が挨拶してるんだから、

挨拶ぐらい返すのが当然だろ?!」


 

「っていうか、常識だろ?!」


 

「っていうか当たり前田のクラッカーだろっっ?!」

 

(あ。すいません。すいません。古すぎました(汗))と。

 

で、考えてみたんです。

 

もしかしたら、相手の態度が問題というより、

自分が不愉快な気持ちになることが

なければ別にいいよな。と。


 

だとしたら、不愉快な気持ちを抱かなければ、

それほど大きな怒りやストレスには

ならないのではないか?とも思うのです。

 

しかし、そうはいっても、私たちは

あまりにもさまざまな社会的ルールに

囚われ過ぎています。


 

だから、自分が強く信じ込んでいる

「社会的ルール」を守らない人に対しては

いつも以上に嫌悪感を感じやすいんですね。

 

そして、囚われ過ぎているから、

なかなか「自分を変える選択肢もあるんだよ」

ということに、気づかないのだと思います。

 

「挨拶ぐらい、しなさいよ。バカッッ!(涙)」

 

「社会人のくせして挨拶すら

できないの?信じられない!!」

 

などというモーレツな怒りを、

そのまま相手にぶつけるという方法も

なくはないのですが、


言い放ったときはスッキリするかも

知れないけれど、後々、面倒くさいことに

なる可能性は凄く高いですよね。


 

そんなときにはどうするか。

 

 

もしもあなたが「勝つ」という価値観を

大切にしているのだとしたら、


「あんな社会性のないあの人より、

私の方が社会人として絶対勝ってる!」とか、


「当たり前のことすらできないあの人よりは、

私より負けてるよねー」と思って、

優越感に浸ってもいいのです。


 

怒りやストレスでしんどいと思うなら、

自分が大切にしている「勝つ」という

価値観を、有効に使うという方法もあるのです。


 

それが、自分の中にあるリソース(資源)を

有効に活用するということです。


 

そして他にも、「世の中には挨拶すら

きちんとできない人もいるのに、

きちんと挨拶をしている自分はエライ!」


などと褒めるようにするのも有効です。

 

しかも、大げさに。

 

この、「自分を褒める」という行為は、

実は潜在意識にも、

とてもいい影響を与えるんですよ(^-^)/

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』