自分の意見をいうと「間違ってるよ」と指摘されるのが怖い

自分の意見をいうと「間違ってるよ」と指摘されるのが怖い


こんばんは。坂口です。

 

あなたは、自分の意見を言葉にすることが

怖いですか?

 

意見や考え、気持ちを言葉にするのが

怖い理由は人それぞれ、

多種多様にあります。

 

そのなかでも今日は

「自分の意見をいうと『間違ってるよ』

と指摘されるのが怖い」について、考えてみます。

 

そもそも、「間違っている」といわれるのが

怖いということは、否定をされるのではないか

という恐れが強い人に多いです。

 

ときには、「自分の存在を否定された」という

思いに駆られる人もいます。

 

恐れは、蓋をして隠し続けると、

どんどん気になってきます。

 

そしてまた、色々な恐れが増えていく・・・

 

恐れが恐れを呼ぶ。ってやつですね。

だとしたら、恐れを少しだけ、表に出して

あげる必要があります。

 

指摘されるのが怖い人は、

「正しい意見をいわなれければならない」

と力んでしまうのが原因のひとつです。

 

だとしたら、意見をいう前に

 

「もし、間違っていたらすいません」

「間違っているかも知れませんが」

「間違っているとは思いますが」

 

など、自分から不安を言葉に

してあげるのもひとつの方法ですよ^^


 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』