学生生活を乗り切る自信がない(後編)

学生生活を乗り切る自信がない(後編)


こんばんは、坂口です。

昨日の記事の続きをお伝えしますね。


◇私からのメッセージ◇


「やらなければならない」と思っているのに

できない。もしくは、やってもやっても

不安が生じるのは、


「今、この瞬間」に意識がないからです。


人間の脳は2つのことを同時に

考えることはできません。


つまり、1つのことに真剣にp>

取り組んでいるとき。


不安や心配が同時に存在することは

できないのです。


しかし、「今、この瞬間」に

意識を向けることに対し、

多くの人はその習慣がついておらず、

ともすれば、すぐに「未来の不安」や

「過去の失敗」に意識がいってしまいます。


人間は、誰でもそういう生き物である

ということを踏まえたうえで、

意図的に、諦めずに何度でも

今、この瞬間に意識を戻す練習をする

必要があります。


人は、恐れや不安を抱けば抱くほど、

それらはありとあらゆる方面へと

拡大していき、しまいには誇大妄想

にまで発展する場合があります。


幻想は幻想を生む。


そして、そのことに気づかない限り、

人は永遠に不安を抱き続けることが

容易に可能なのです。


また、「具体的な行動に移さなくてもよい理由」

を創るために、無意識に不安や心配に

どっぷりと浸かっている人も大勢います。


そして、「実際に、まだ起きていない

未来」だからこそ抱く未知の不安も、

人間が「防衛本能」を持っている以上、

完全に消そうと思っても、

それは不可能なのです。


だとしたら、不安でたまらない気持ちと、

どう折り合いをつけるかという視点が

必要なのです。


これまでひーさんは、様々な不安と

共生してきていた経緯があるため、

その疲労感や精神的ストレスは、

計り知れないものがあったのでは

ないでしょうか。


そのようななかでも、こうして、

「乗り越えたい」が故に苦しむその辛さ。

お察しいたします。


しかし、逆にそれは、一生懸命

生きようとしている証であるとも、

私自身は感じています。


そんなひーさんにお伝えしたいのは、

これから先の3年間。


不安があろうがなかろうが、

乗り越えることは必ずできます。


ですから、ひーさんにとって必要なのは、

どれだけ自分の心に「緩み」を持たせるか

という視点を持つことです。


それは、決して、「怠惰であれ」と

いうことではありません。


恐らく、それは今のひーさんに

とっては難しいと感じるかも知れません。


しかし、難しいと感じれば感じるほど、

今のひーさんは「緩みのスペースが

全くない状態である可能性が高い」のです。


「今のままではいけない」


多くの人は、そう思いがちです。


しかし、自己否定から始まる動機に

基づいた行動は、基本的には

何をやっても満たされることはありません。


つまり、「満たされていない自分」が、

何かを埋めようと必死になったところで、

例え、何かが満たされたとしても、

その満足感は一時的なものに

過ぎないのです。


つまり、化粧をする土台の肌が

ボロボロなのに、無理に化粧の

厚塗りをして隠しても、そのボロボロが

浮き出て、また慌てて上塗りをする。


そんなイメージです。


思い悩んでいる自分。

不安を抱く自分。

一番、自分が劣っていると感じる自分。

乗り切れるか不安に思う自分。

胸がドキドキ焦る自分。

悔しく情けなく思う自分・・・。


そんな自分を否定していませんか?


私からすれば、それも含めて、

ひーさんはひーさんであり、

そこに優劣などは存在しません。


ひーさんはひーさんである。

それ以上でも以下でもありません。


自分の心の弱さや不安、焦り、全ては

意味があって存在しているのです。


ですから、忌み嫌う必要はありません。


不安や焦りが出たとき。


それらを「きっとあなた達(不安や焦り)は

私が危険に晒されることから守ろうとして

くれているんだね。でも大丈夫。私は、

もう少しだけ、前に進んでみて、

自分の目で、安全であることを

確かめてみるからね。ありがとう。」


そうやって不安や焦りと一時的に

距離を置いてみたり、ときには、

不安や焦りそのものが、ひーさんに

何を伝えようとしているのかを感覚で

感じてみたり・・・。


そうやって折り合いをつけていくことが、

大切なことのような気がします。


何かのご参考になれば幸いです。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』