転職活動をしているけれど、面接で落ちてへこむ看護師さんへ

転職活動をしているけれど、面接で落ちてへこむ看護師さんへ


こんばんは。坂口です。

 


あなたはこれまでの人生で、

「面接」を何回受けてきましたか?


看護師は、慢性的な人員不足だから、

就職に困ることはないよ。

な~んて言われる時代ではあるものの。


私自身、面接に落ちてしまったことが

何回かあります。


ある日の面接では、面接官の方も好印象で、

私の受け答えも完璧!を自負したこともありました。


しかし、数日後、ポストに

不採用通知」の用紙が。。。


条件の良いところだったので、

そのときは結構、落ちこみました。


その後も、もう1社、私の能力を生かせる!

と、思えるところがありましたが・・・。


それも見事に落ちました。


そのときは、気づきませんでしたが、

今、振り返ってみると、しみじみ

「採用されなくてよかったな・・・」

と思いました。


人生は、必要なときに必要なことしか

起こらないっていうけどほんとだな。

って思います。


今、再び看護師として転職活動中とか。

あるいは今すぐじゃないけど、

いずれ転職をしようと思いつつ、

このブログを読んでくださる方も

いらっしゃると思います。


すぐに再就職が決まる人もいれば、

何度受けても落ちてしまう・・・。

もうお金がやばい!!という人も

いるかもしれません。


何度も落ちるときは、

面接を受けるときの態度や

履歴書の書き方などを振り返る必要は

もちろんあります。


しかし、そういうわけではないときは、

面接に落ちても



「あのときの自分は

いい病院だと思っていたけど

長い目で見るとそういうわけではないんだな・・・」


と思うことが大切です。


病院に必要とされていないのではなく、

私にとってその病院は必要なかったんだ


という心づもりでいいんですよ^^


採用が決定することにも意味がありますが、

決まらないときほど、実は何か重要な意味が

隠されていたりします。


転職を考えている方は、

そのことを頭に置いておくとよいですね(^-^)


 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』