客観的な意見をもらえる機会ってありますか?

客観的な意見をもらえる機会ってありますか?


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


最近、携帯のプラン変更をし、

スマホからの「ダラダラ閲覧」を

辞めようと思って、フェイスブック

アプリとかは、必要なときだけ

ダウンロードをする形にし。


以前と比べてスマホをいじる頻度が

激減したのですが。


動画も見ていないし、身に覚えもないのに、

今月の12日でいきなり、

「通信速度制限」がかかり。


外出先でWi-Fiがつながらない場所では、

昔のISDN以下で画像表示が遅く、

ほとんど使い物になりません(涙)


さて。本題です。


私は、人の話を聴いて、感じたことをお伝えし、

未来を変えるお手伝いをしているので、

その人の考え方や思いグセのパターンはもちろんのこと。


人生全体から見て、その人が「どういう位置」に

いるのかということも、継続的に話を聴けば聴くほど

見えてくることが多いです。


しかし、日ごろ私が感じている思いや考えについて、

客観的に意見をもらえる機会は

ほとんどないままの状態でした。


実は、私が今まで専門的な視点から

「客観的な意見をもらう」ことをしなかったのには

いくつかの理由があります。


そのひとつに


「大体、何を言われるか想像がつくから」


という理由がありました。


でも、とあるきっかけで、

私の話を専門的な視点で聴いていただける

機会があったのですが、


その方は、私が予想だにしていなかった

アドバイスをくださったんです。


もうね。びっくりすると同時に。


この仕事(カウンセラー)をしていて、

ホント、よかったな。 って、思ったんです。


私は普段、自分が考えていることを

仲間や主人に話しても、 ぶっちゃけ、

真剣に聴いてくれる人はいません(爆)


だから、私がふだん、何を思い、

何を感じているのかをね。


真剣に聴いてくれる人って、

片手で足りる(いや、指1本?) くらいの人数。

というか、なかなかそういうディープな話をする

機会もないですしね(^-^;)


たいていは、お笑いとかドラマや

アーティストの話で、盛り上がる程度で・・・


だけど、そんななか、私の話を

真剣に聴いてくれて。


私の長所を承認してくれて、

能力を信じてくれて。


そういう風に 「あなたはあなたのままでいい」

という前提で、話を進めてくれる人の存在って。


どれほど心強いかが、話を聴いてもらえることで

感覚として「腑に落ちた」のです。


私はクライアントさんに、「専門的視点で

話を聴く場」を提供させていただいてたのだなぁ。

と、改めて、この職業を選んで良かったと感じました。


で、私、思うんですけど、カウンセラーとか

セラピストとかコーチなど「こころ」を扱う

職業の人って、


なかなか表立って言えないことって、

いろいろとあると思うんです。


集客のことだったり、ブランディングだったり、

いろいろ・・・です。


なので、いろいろとくすぶっている方は、

小泉友美(ゆみ)さん に相談をしてみてくださいね。


12月16日現在、無料コンサル残83名です^^


 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』