他部署の人がケンカ腰になるのはなぜ?

他部署の人がケンカ腰になるのはなぜ?

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

こちらが丁寧に、他部署にお願いをしているにも関わらず、なぜかケンカ腰の人っていますよね。

 

私も、「・・・友好的に接したいと思ってお願いをしに行ったのに、何でいきなり睨まれて、くそみそに攻撃されなきゃならないの(怒)」と詰所に戻って師長に文句(というより、叫び)を言ったことがありました(笑)

 

その時よりもまだ、私が若かった頃。

 

ものすごく他部署との仲は悪かったような気がしています。

 

特にそれは電話対応で顕著に表れました。

 

一方的に言われて電話は切られるし、何だか相手の声もムッとしていて、相槌も聞いているんだかいないんだか、異常に早い。

 

・・・私が個人的に嫌われていただけでしょうか(爆)

 

売り言葉に買い言葉で私も「わかりました(怒)じゃあ、もういいです!(怒)」と電話を切り、鼻息も荒く・・・。

 

しかし、そこには「どうしてうちの部署だけシワ寄せが来るの?!こんなに病棟、大変なのに・・・そんなの、他部署がやればいいことじゃん!!」と、主任・リーダー会議の結果を聞くたびに「なんで?!」といきり立っていた背景があったのです。

 

もしかしたら、あの時の私は、とても仲間意識が強かったのだと思います。

 

何事も、物事というのは表裏一体があるもので、仲間意識が強いということは、それだけ、外部を「敵」であると思いやすくなるのではないかな。とも感じます。

 

仲間を守ろうとすればするほど、部外者を敵視してしまう。

 

うん。

 

あの「くそみそに私を怒鳴った人」も、きっと仲間意識が強かっただけなのでしょうね。と今なら理解できるのです(^-^)

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』