人生に夢や目標は必要なのでしょうか

人生に夢や目標は必要なのでしょうか


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。

 

「夢や目標がない私って、やっぱりダメなのかな・・・」と不安になることはありませんか?

 

もしかしたら、テレビのドキュメンタリーなどで、「何かに向かって必死に頑張る」という「目標達成」に、価値観の重きを置いている世間の風潮に影響を受けてしまっているのかも知れませんね。

 

あるいは、友達などに「何か目標や夢を持ってやってみたら?そしたら、日常も充実感が出るのかも知れないし」などとアドバイスをされ。

 

「特に趣味がある訳でもないし、目標や夢も別にないし・・・」と落ち込む人も、中にはいます。

 

先日、テレビで、ある女優さんが「今の私は、自分が20代の時に思い描いていた『40代の自分』とは、大きくかけ離れていて驚きました(笑)」と言っているのを聞いて、実は私自身、とても、びっくりしました。

 

なぜかというと、私は、10代の時も、20代の時も、30代、40代も全て、未来の自分のビジョンが、ほぼ「皆無」に等しいくらい、ないのです。

 

20代の頃は、「ここの病院に骨をうずめる」(注:私にとって、「骨をうずめる」とは、「定年まで、同じ場所で働く」という意味合いです)。

 

30代半ばまでは、またまた「ここの病院(転職先)に骨をうずめる」でした(笑)

 

私には元々、結婚願望がほとんどなく、また、子供を産みたいという願望も皆無でした。

 

ですから、人生設計なども皆無ですし、特に老後の心配も取り立ててしていません。

 

しかも、毎年の目標も、小学生のとき以来、立てたことがなく、ここ数年は、毎年のように「私の今年の目標?・・・私は私なりに頑張る(^0^)」といったゆる~いものでした(笑)

 

そして、そんな過去を後悔したことは、一度もありません。

 

人生の歩み方には、大きく分けて「目標型」と「展開型」の2つのタイプがあります。

 

前者は読んで字の如く、まさに「自分で目標を設定して突き進むタイプ」。

 

後者は「目標がなくても、人生を歩んでいく中で、様々なことを体得していくタイプ」とも言えるでしょう。

 

全く、夢も目標も、ましてやビジョンもほぼ「0」の私。

 

しかし、「あなたのタイプはどちらですか?」と聞かれたら、迷わず「目標型ー!」と声高らかに叫ぶと思います。

 

これは、どういうことかと言うと・・・。

 

私には「長期目標」はないけれど、短期目標はその都度、作り、実践しているからです。

 

その短期目標というのは、短くて5分後(例:洗い物をする、洋服を1つ、捨てるなど)、長くて3年(高校受験に合格する、看護師の国家試験に合格するなど)程度です。

 

「何か自分は、夢や目標を持たなければダメなのかな・・・」と不安に思う人が、考える必要のある視点は「なぜ、そう思うのか」というところです。

 

つまり、動機の部分がとても大切なのです。

 

私がクライアントさんにセッションをする際は、その部分を明確化することをとても大切にしています。

 

行動や言動の裏にある「本心」が何なのか。それを引き出していくことが、私のお仕事の1つであったりもします。

 

表面的な願いの裏には、必ずといっていいほど、「隠された本当の願い」があります。

 

そこを拾い出していかない限り、悩みの根本解決から遠ざかってしまうケースは決して、少なくはありません。

 

話は戻りますが、「人生に夢や目標は必要なのでしょうか」

 

その答えについては、「夢や目標があることで、あなたが満たされるかどうか」ということだと個人的には思います。

 

特に夢や目標もないことを、本当は問題視していないのに、無理矢理、問題視したり。

 

別に立てたくもないのに、無理矢理、目標を立てたり、夢を持つことによって、逆に苦しくてつらい思いをするのであれば。

 

ただただ、「目の前にあることをやる」ことを常に意識する。


しかし、過去を後悔したり、未来を不安に感じる習慣があまりにも長い私たちは、意識をしないことには、なかなかそれが実践できません。

 

私も、ふと油断すれば、すぐに過去、未来に向けて思考が往復します。

 

だからこそ、「目の前にある今」を意識すること。

 

とても、とても、大切なことだと思っています。

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』