私にとっては、安らぎのカウンセリングでした。

私にとっては、安らぎのカウンセリングでした。


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


今日は、カウンセリングを受けてくださったクライアントさまから体験談をいただきましたので、ご紹介しますね^^

(掲載の許可はいただいております)


あ。そうそう。その前に。


最近といいますか、ここ最近、「学会で発表するので看護師目線でパワポを見てほしい」「先輩に提出するレポートのアドバイスをほしい」「自分の書いた文章の添削をしてほしい」という依頼がけっこうあります(^-^)


私は看護研究の専門家でもないですし、そういう「プロ」ではないですが、少なくとも、文章添削は苦手ではないので、そのようにクライアントさまにお役に立てる方法もあるのだな(・∀・)と思いました。


さてさて。話は戻り、体験談をご紹介しますね^^


-----


1)今回、お申し込みをした動機を教えてください


新卒で入職し、働きましたが、プライベートトラブルと残業の多さに挫折(退職)を経験しました。


その後、転職するとき、漠然と「経験がないと転職が出来ないのではないか」という不安があり、転職に向けて、カウンセリングを受けようと思いました。


2)セッションを受けたことで、あなたの人生において、どんな成果がありましたか?


今までは、一人でグルグルと悩んでいました。


カウンセリングを受けて、自分を大切にすることや、辛くてどうしようもない時に相談することで、たくさんの考え方があることを知りました。


実践まではできていないけれど、一歩でも進んでいきたいと思います。


3)今回の機会に得た気づきや学び、内面の変化は何ですか?  


不安に支配されやすいと理解できました。


その不安を手放すまでには到達しなかったけれど、この気づきは大きかったと思います。


4)セッションを受けたことでの、あなたにとっての最大の成果はなんですか?


心の平安を一瞬でも取り戻せたこと。


5)坂口(私)はあなたから見てどのような人ですか?


看護師として先輩であり、友人のように暖かく話しやすい存在。


6)何かあれば、一言お願いいたします。 


最後は看護師としてのカウンセリングではなく、友人が皆無な私のお話相手にしてしまい、申し訳なく思っています。


どこにも話す人がいない私にとっては、安らぎのカウンセリングでした。


的確にアドバイスを入れてもらえて、話の内容にも共感していただけ、本当に心強かったです。


-----


改めまして、クライアント様、ありがとうございました!


このクライアント様は、最初、 5回のカウンセリングでお申し込みをいただきましたが、 すでに4回目の段階から「あーーー。あと1回でカウンセリング、終わっちゃうんですね・・・。またすぐに申し込みしますので、お願いします!」というお言葉をいただいてました。


そして、最終カウンセリング終了後、クライアントさまから、さっそく、継続カウンセリングのお申し込みをいただきました(^-^)


私が行うカウンセリングは、基本的に、「課題を決めて行動する」ことで現実を変えることを前提としています。


何と言っても、それが悩みを解決するには一番の近道なので、最近ではけっこう「はい。やりましょう(*・∀-)b」と、「清水の舞台から『突き落す』」いうパターンが多いです(爆)


ただね。


変わりたいけど、「行動したくない」「前に進みたくない」っていう時期、あると思うんです。


あまりにも状況がきつくて、つらくて、前に進むどころじゃないってこと、人生にはありますよね。


だから、


「この思いを吐き出す場もない」


「すごく孤独でつらい」


「心細い・・・」


って思っているクライアントさんに対し、「行け~」「進め~」とやみくもに言うことって、やっぱり、酷だったりすることもあるんです。


前に進めないなら、こころの準備が整うまで、進まなくていいよ^^


クライアントさんが納得して受けてくださるのであれば、「気持ちの立て直し」のためのカウンセリングでも、ぜんぜん、構わないのです^^

 

あなたもカウンセリングで「安らぎ」を得てみませんか?

 

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』