私はこれからどのように生きていけばよいですか?・2

私はこれからどのように生きていけばよいですか?・2


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


さて、昨日記事の続きです。


そもそも、自分以外の何かに答えを求めてしまう傾向は、多かれ少なかれ誰にでもあります。


しかし、自分の選択に自信が持てないと悩んでいたりする人や、たくさんの本やネットなどから得た情報から、「人生とはこういうもの」「恋愛とはこういうもの」「夫婦とはこういうもの」「仕事とはこういうもの」と頭で理解してしまっている人。


そういう人は、何か自分の身に「悩み」が起こった時に、処理しきれなくなる可能性があります。


つまり、自分の決断したはいいけれど、本当にその決断が不安で不安で仕方のない毎日を送り続ける。


「・・・本当にこれでよかったのか?」

「私の選択は正しかったのか?」など・・・。


そして、自分の選択に不安が起きて、誰かの言葉にすがってみたり。


自分の考え方に賛同してくれる人が皆無だったときに、闇雲に周囲の意見の通りするのは、「外に正しい答えがある」と無意識に信じている場合も少なくありません。


実は、私も先日、ちょっとしたことで「あら。どうしましょう」と思った出来事がありました。


具体的にいいますと、それは「とある人」に対しての不満が湧き上がってきたことです。



その相手の対しての不満が湧きあがり、静かな怒りを自分の中で、なかなかコントロールできなくなり、その感情を持て余していたことがありました。


これが、通常の精神状態であれば、普通に気がつくことができたのかも知れませんが、その時の私は、結構「意気消沈モード」。


「・・・はて。こういう時はどう考えたらいいんだ?」 と、思考の中で策に走ろうとしてしまう自分。


しかし、どうしても「こんな精神状態じゃ、どうしたらいいのかわからないよー(涙)」と、途方に暮れた時、ふと我に返ったのです。


「・・・待てよ?「どうしたらいいのか」じゃなくて「私はどうしたいんだ?」」と。


つまり、私は相手との関係性について、これから先、本当はどうしていきたいんだろう?どういう関係性でいたいんだろう?と問いかけた時に出た答えは実にシンプル。


それは、ただ単に「その相手と仲良くしたい」。


それだけでした。


しかし、実際に、精神状態が落ち込んでいる時には「仲良くしたいけど、今はとてもできる状態じゃない」と思うことだって多々、ありますよね(笑)


頭ではわかってるけどできない。


そんな経験は、誰しもしたことがあるはずです。


だから、「本当は仲良くしたい。でも今はできない」


それはそれでいいんです。


でも、大切なのは「本当はどうしたいのか」「どういう関係性を築いていきたいのか」ということに関しては、気づいている必要があります。


結局それが、これからの行動の指針になるのです。


例えば、「今日も思わず相手につらく当たってしまった」


でも、私、本当は仲良くしたいんだよね」と立ち返る。


じゃあ、そのために具体的に何をしていくのかは、できるかどうかは別としても、仲良くする方向性を軸として、「何ができるのか」を考えてみる。


その繰り返しです。


では、仮に、「本当はどうしたいのか」を考えた時、「絶対に仲良くなんてなりたくない!」という思いが、その時の本音だったとしましょう。


そう思ったなら、仲良くしない方向で、まずはやってみるのです。


確かに、そこには様々なデメリットが生じるかも知れない。


でも、これが自分の本音なんだと思ったら、まずはそれに従う。


「人とは仲良くしなければならない」とか、そういう「社会通念」よりも、大事なのはあなた自身の気持ちです。


そして、もしもうまくいかなくなった時に、また問いかける。


「だって私は、この前仲良くなんかなりたくないって本気で思ったんだもん!だけど・・・やっぱり、しんどい・・・」


そう思ったなら、軌道修正すればいいのです。


「この前の私」は、既に「過去」(という記憶の中にある)「私」。


だけど、一番、大切なのは「今の」あなたの気持ち、本音だから。


自分の最初の思いを貫くこともよいかもしれませんが、別に貫かなかったからといって何がどうなるわけでもない。


自分の「その時の本音」にしたがう柔軟性があったっていいわけです。


だから、問題を解決するためには「あーでもない」「こーでもない」「この知識も知っておかなきゃ」「あの人に聞いてみなきゃ」「調べなきゃ」でもいいのですが。


その前にまずは、「本当は今、自分はどうしたいの?」あるいは「どんな風に乗り越えていきたいの?」と問いかけてみる。


そして、「私は絶対に答えを知っている」いう前提を持つと、もっといいかもしれませんね。


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』