1つの職場しか経験していないコンプレックス、何とかしたいですか?

1つの職場しか経験していないコンプレックス、何とかしたいですか?


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


ひとつの専門分野や職種で長く働き続けていると。


あるときから


「・・・看護師なのに、同じ職場にいて、いいんだろうか・・・」


「最新の看護を知らなくていいんだろうか・・・」


「もっと他の新しい環境に身を投じて、新しいことを学んだほうがいいのではないか・・・」


と悩む方が増えています。


結論からいうと、 「看護師としてのキャリアアップ」が。 本当にその人にとっての「望み」なのかは、しっかりと考えたほうがいいと感じています。


周りの看護師は、この歳になると、みんな「専門看護師」とか「新しい職場で学びを深めていきたい」とかで進学・転職しているのに。


いまのままでいいんだろうか・・・。 焦る・・・・・・とかね。


そういう焦りは、いい結果は生まないことが多いんです。


なぜなら、そのほとんどは「今のままではダメなんだ」というご自身の欠乏感から生まれるものだから。


転職を考えただけで、ワクワクするという方向なら、転職はOK。


でも、個人的には「欠乏感を埋めるための転職は、転職先でも欠乏感を生む可能性は高いなー」と思います。


看護師はね。


ひとつのところで長く働いていくことは、「誇り」であるし、もっともっと、自分を褒めたたえてもいいだけのキャリアがあるということ。


なのに、「ひとつのところしかしらない私は、看護師としてダメなんじゃないかと・・・」


いやいやいやいや! そんなこと、ないです。


前にも書いたけれど、新しい職場で何を身に着けたいのかが明確であるならば、転職はOK。


でも、不安だから「新しいなにか」を求めて転職することは、人によって違いますけど、あんまりオススメできないなぁ・・・と 思いますよ^^


ここまで書いておきながらも、それでも、転職に成功した人はいますけどね^^


私の場合はどうなんだろう?の質問にお答えします^^


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』