上手な怒られ方とは?

上手な怒られ方とは?


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


上手な怒られ方は、自分の責任の範疇と、相手の責任の範疇を、どこに設定するのかがポイントとなります。


つまり、相手の怒りの感情は、相手の領域なので、その部分には自分に責任はないと考えたとき。


相手の話のどの部分を活かそうかと分けて考えることが大切です。


要するに、相手の感情の部分は引き受けずに、「自分が改善できるところはどこか」というところだけに焦点をあてて考える。


そして、相手が、なぜ、そのようなことを言ったのかの背景を考えるということです。


また、怒られたときには、たとえ、理不尽な言い方・内容であったとしても、一度は受け入れて「ありがとうございます」などと言う選択も視野に入れてみる。


なぜなら、いくらその内容が納得のいくものであろうがなかろうが、相手が自分の目の前に意味なく現れ、意味のないことを言うことはあり得ないからです。


つまり、自分がまだ、気づいていないだけの話で、何かのメッセージ性(学ぶことや気づきなど)を持って、相手が自分の目の前に現れたと仮定し。


そのこと自体にまずは感謝をしてみても、良いのではないでしょうか。

(無理に感謝をしなさいと言っているのではありません。)


納得のいかないことに対して、反論したくてもできないような状況であればなおさらです。


自分が怒っているときに、「怒るのはやめなさい」と言われてもなかなか難しいように、相手がひどく感情的になっている時は、反論すればするほど、そして、それが正論であればあるほど、火に油を注ぐ結果となります。


当然、そのようなときには、相手には他者の意見を受け入れるだけの心の余裕なんてほぼ、ないに等しいですし、一度怒った手前、なかなか引っ込みがつかないというのも、また、ある意味「人間らしさ」の1つなのかも知れません。


つまり、「正しさを主張すること」よりも、自分にとって、ストレスが最も少なくなるためには、どのようにすればよいかを選択することが大切なのです。


そして、状況が許せば、相手の怒りが落ち着いた頃に、「先ほどはご指摘をありがとうございました。それで、先ほどの件について私なりに、このように考えたのですが・・・。」と切り出してみる。という選択肢もあります。


その場で解決しようとしなくても、いくらでもチャンスはあるのです。


相手に理不尽なことを言われて、何が悔しいか。


それは、自分が、誰かに何かを言われて傷つけられた。とか。負けたような気がすることによる悔しさがどこかにあるからではないでしょうか。


しかし、大切なことは「自分がいかに、正しいことを主張して、相手に勝つか」ではないのです。


なぜなら、最初から、あなたは負けてはいないから です。

負けてもいないのですから、勝つ必要もありません。


自分の正義を振りかざしたところで、相手には相手の「正義」というものが存在しており、ねじ伏せようと思っても大抵は一人相撲で終わることがほとんどです。


このような事態に陥った時は、「自分が負け」「自分が傷ついた」という幻想を捨てるチャンスなのかも知れませんね。

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』