普段から仕事でせっかちな人が気づくと良いこと

普段から仕事でせっかちな人が気づくと良いこと


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


仕事をしているとき、、立て続けに、いろいろな用件が一気に押し寄せてくることはないですか?


看護助手さんに呼び止められ、「すいませ~ん。○号室の△△さんが吐き気があるので、ちょっと看て欲しいって言ってるんですけど~。」 と、言われたと思ったらPHSが鳴り。


「〇〇さん点滴終わってるってコールが来ました」と言われ。


そうかと思ったら「△号室の××さん、頭痛いって言っているんですよね」と、別の助手さんから再び連絡が来たり。


次第に気持ちがそわそわし出したら、すれ違いざまに「△号室の××さん、ポータブルに座っているんだけど便が出ないから坐薬入れてって言ってます」と言われたり。


ほかの看護師にヘルプを求めようと思っても、みんな手を離せない・・・


「んあーーーっっ!!!あたしの体は1つしかないんじゃー!」と思ったことはないですか?


・・・私はあります・・・・・・


・・・いっぱい・・・。


看護師の仕事ってスピードが要求される場面が結構多いので、常に頭フル回転なんですよね。


そして一気にやらなければならないことが押し寄せた時って、まず、優先順位をつけて何から対応するのかを判断する必要がありますし。


どこかで知らない間に焦り癖。と言いますか、本人は焦っている自覚は全くないんですけど 猛スピードで頭の中をフル稼働させ。


「まずはあの患者さんのところに行って・・・」

「次は〇〇さんのところに行って・・・」と考えるわけです。


でもね。ある時、ふと思ったんです。


「・・・っていうか一刻一秒を争うものって何ひとつないのに、なんでこんなにイライラして焦ってるんだ?私」と。


確かに、患者さんの所へはできるだけ早く行って対応するのに越したことはありません。


早く対応できればできるほど、患者さんも安心するし、次の患者さんへの対応だってできる。


でも、だからといって何も、常に「早く対応せねば!」となりながら、 1人では到底抱えきれないものを抱えようとし。


しかも、他のスタッフにも、ほんとにヘルプができない状況であるにもかかわらず、それがままならないことにイライラしている自分に、 「は。」と気がつきました。


そこでやっと、我に帰ったんです。


「そんなに焦ってみたところで、一刻一秒を争うものなんて何もないよね…?だったら、ひとつひとつ、やっていくしかないでしょ・・・」と。


普通に考えれば当たり前のことですが、常に仕事を先へ先と事前に進めるクセがもともとある人こそ、焦りやすい傾向にあります。


そういう人は常に先を見越して仕事を進めていくのがふつーになっているから、ちょっとでも予定から外れた出来事が起こると、とたんにイライラしてしまう。


何かがあったときのための「先回り」のはずが、いつの間にか「先回りすること」が目的にすりかわっている。


なーんてことも、なきにしもあらず。だったり。


仕事をする度にも何だか常に追われている方はちょっと振り返ってみてください。


焦ってイライラして頭の中パンパンで仕事をすることだけが仕事のスタイルではなく。


その時その時で優先順位を考え、 「私には今、目の前にいる患者さんにできることをするしかない」と思いながら、一人ひとりの患者さんに対応していくこともできるのだと言うことを(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』