大変なミス・失敗をしてしまい、立ち直れません

大変なミス・失敗をしてしまい、立ち直れません

こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


以前、後輩からメールが届いたのですが、自分が起こしてしまったミスで多くの人に迷惑をかけてしまったと、相当落ち込んでいました。


メールだけでは詳細がわからないので、後日、直接本人に聞いてみましたが、もう、その時の落ち込みようったらありませんでした。


・・・まぁ、私でも落ち込むわな・・・という話でした。


あまりにも落ち込みがひどいので、 「今から言う話を受け入れる必要はないけど、ひとつ覚えとき。あなたが、こうして喋ってること、 1年後には絶対、「そんなこともあったよね~」って笑い話になってるから」 という話をしましたが。


半年ほど経ってから後輩に会うと、後輩は一切、その話で悩む素振りはなく、楽しい話で盛り上がりました。


私は、何度かお話をしていますが、少なくともあなたよりたくさんの失敗をしています。


だって、どこに行っても「できない新人」と言われ、苦笑いされたり、陰口も言われましたし。


しかも看護師歴は20年以上なわけですから、失敗なんて何十倍もしています。 (当然ですが「ベテラン」と言われるようになったって失敗やミスはします)


で、ミスや失敗をするたびに、落ち込んでました。


ひきずってました。


一日中、頭から離れないんですよ。これが。


何をしていても、そのことだけが、延々と頭の中を駆け巡るんです。はい。


で、立ち直れないほどの失敗も数多くしました。


そんな私からお伝えしたいのは「大丈夫だよ」ってこと。


「時間」は、あなたが思っているより優しいものなんです。


あなたがどれだけ真剣に悩んでいたとしても、つらくても苦しくても、そんなこと関係なしに「時」はそれを癒してくれる。


人間って、忘れることなしには生きていけないのです。


だって、苦しいことがあるたびに思い出していたら、カラダもこころも壊れちゃいますもんね。


中には、「自分を責め続けることで償おう」としている方もいらっしゃいますが。 過去を悔やんで引きずることが「償い」なのではなく、ミスや失敗から経験をすること。そのものが。


そして、そのミスや経験から学ぶこと。それ自体が。


すでに償いになっているのだろうと思います。


だから、きちんと失敗と向き合う中でも、心のどこかでじっと「時が解決しますように」って思うことをあなた自身に許可してあげてくださいね(^-^)

 

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』