希望とは違う部署に配属されて悩んでいます

希望とは違う部署に配属されて悩んでいます


こんばんは。看護師の悩み解決専門カウンセラーの坂口です。


本当は、循環器や呼吸器など、専門性があり、バリバリ働ける病棟に行きたかったのに、慢性期病棟の配属となってしまった・・・。


あるいはその逆で、 退院に向けての退院支援をしたいと思っているのに、急性期の病棟に配属されてしまった・・・。


と、希望の部署に配属されなかったことに対し、悩んでいる方は少なくありません。


もしも、あなたが希望の部署に行けなくなり、やる気がダウンしている場合、もちろん、他の病院への転職や異動の希望を出すのも1つの方法です。


しかし、いろいろな事情があり、どうにもこうにも動けないと感じている場合、どのような視点が必要なのでしょうか?


結論から言いますと、「その答えはあなたの足元にあります」ということ。


「いったい、こんな所で働き続けて、何の意味があるんだろう?」と思うこともあるでしょう。


希望の部署で働けないことに対してのジレンマだって、当然、ありますよね。


こう言ってしまうと身も蓋もなくなりますか、理想の職場で働くことだけが人生ではありません。


うまくいかないこと、辛いことも含めて人生だったりもします。


あ。だからといって、今の職場で耐え続けてくださいね。という意味ではないですよ~。


今、あなたの周りにいる、人々。


スタッフも患者さんも含めて、色々な人がいると思います。


意地悪な人も、怖い人も優しい人も、温かい人もたくさん。


そんな環境にあなたがなぜ、その場にいるのかというと、実は、その中に「あなた自身のクリアできる課題」が潜んでいることがあります。


「こんなこと、何のためにやってるんだろー・・・」ということに対し、あなたなりの意義を見出すことが課題なのかもしれないですし。


あるいは、人と人とのつながりの中で、患者さんやスタッフといろいろな出来事を共有して大切な経験を重ねていくこと自体が課題だったりすることもあります。


仲間の温かさや患者さんの笑顔に支えられて癒しをもらって・・・


そんな風に人とのつながりを通して自分を支えてくれる中で、あなた自身がさまざまことを感じ、成長していくステージにいるのかもしれない。


また、次の職場で希望の部署に働けるときが着たら、「あー。やっぱりこの職場でよかったなぁ・・・」をかみしめる前段階なのかもしれない・・・とか。


いずれにしても、あなたが今、置かれているこの苦しい現状に対し、あなたが今後、どのように「主体的に」捉えていくかによって見える世界は180度、変わっていきますよ。


どんな環境に置かれていても「無駄なものばかり」ではなく、「今置かれている環境を何一つ無駄にはしない」というあなたの心が、あなたの人生を作っていくのだともいえるのです(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』